ページトップへ
子供の留学を考える!
子どもを取り巻く環境は、めまぐるしく変わっています。その影響もあって、子どもの自立心や責任感、自発性、積極性などが課題として上げられることも多くなってきました。留学体験は、そのような子どもの精神的な側面に、とても有益な効果を与えるものとして注目されています。

親から見た留学5つの成果

ココが知りたい!
子どもの海外留学を実現したお父さんお母さんにお話を聞くと、英語力や知識はもとより、「やる気が出た」「勉強に関心を持つようになった」「責任感が育った」「精神的に強くなった」という話が多いことに驚かされます。ひとりで海外に行き、外国人と一生懸命に、対話しようとする。その体験が子供を触発し、その結果、いままでになかったほどの、意欲へとつながっていくのです。そして留学を成し遂げた達成感が、その後の人生を支えていきます。
生きる力がつく
留学をした結果を聞くと、「身の回りのことを自分でやるようになった」「友だちと話せるようになった」「自信がついた」という感想がとても多いのです。海外留学は、数多くの子供たちの、自主性・積極性を育み、子供に生きる力をつけることにつながっています。
英語力がつく
学校の授業で学ぶ英語は、ますます実践的になっていますが、海外留学での英語は、まさに実践そのものです。必要に迫られて英語を使う。相手の気持ちを考えて英語で対話する。このことで英語への関心が高まり、やがて英語力と呼べるものになっていきます。
成績が上がる
海外留学で関心を持つのは、まずは英語でしょう。そして他国の地理や歴史、文化、そして異国での学習方法にも自ずと関心が広がります。海外留学をしたことで、勉強への関心が高まり、「学校での成績も上がった」というケースがとても多く報告されています。
将来の目標ができる
留学した子供の帰国後の感想でもっとも多いのは、「また留学したい」というコメントです。そして、多くの子供が、海外で資格を取りたい、海外で活躍できる力をつけたい、海外に人脈をつくりたい、英語を使う仕事がしたい、といった将来の目標をあげています。
社会に求められる
海外留学は、生涯、忘れられない体験になります。そして高校や大学への進学、企業への就職に際しても役立つでしょう。海外で身につけた思考力、英語力や技術によって、いま最も社会に求められている「グローバル人材」になる道がひらけるでしょう。
子どもの留学について今すぐ聞いてみる
0120-115-589
メールで問い合わせ
資料請求された方に
「ジュニア留学体験談」差し上げます

子どもを留学させた保護者の方の声

羽田で見送る時は涙が出そうになりましたが、親としてそこは我慢!留学中は、学校の Facebookの写真が楽しみでした。2人ともお友達と楽しく過ごせたようで、良かったです。双子でも性格は全く違うので、帰国後の英語への取り組み方もそれぞれ。愛季は相変わらずマイペース、恵梨は「英語を話せるようになりたい!」という気持ちを強くしたようです。
中学3年の夏に、娘が留学したいと言い出したので、イギリスのロンドンにあるシュプラッハカフェに、2週間の語学留学に行かせました。娘は大人しく受け身な性格で、受け応えも苦手なほうだったので、海外の体験で、積極的になればいいなと考えました。留学先では、自分で自分のことをすべてやらなければなりませんから、その意味でも留学がいい教育になりました。帰国してからは、より英語が好きになり、高校にも合格しました。いまは、特に英語が得意で、英語の成績が伸びています。
息子は、カナダのブリティッシュコロンビア州にあるカナダ公立高校 に約10カ月間留学しました。帰国後は、勉強量が増え、成績もぐんぐん伸びて学年上位になり、生徒会長も務めました。親としては、お金を支援することしかできませんでしたが、本人が選んだ留学を実現できたことが、自信につながったのだと思います。上智大学の外国語学部の推薦入試に合格し今は大学生として頑張っています。留学は自分を見つめなおす機会になったと思います。
娘が高3になったときに、どうしても海外の大学に進学したいと言い出しました。私は、日本の大学に進んでからでも海外留学はできる、休学留学という方法もあるのだから、と思いましたが、本人の思いはとても強かったようです。日本の大学に行って過ごす時間が惜しい、すぐにでも行きたいというほどでした。主人も「こんなに情熱があるのなら」と留学することを許したのです。最初は難色を示していた主人も、娘の話を聞いてからはコロっと変わってしまいまして、「お母さんもお父さんも、100%応援してあげる」などと娘には言ったようでした。カナダに留学したことがとても良かったのか、本人は日本とは違う環境に憧れており、英語学校の留学経験のある先生からお話を聞いて、すごく刺激を受けたようです。ぜひ自分も、そういう経験したいと。アメリカ大学進学も、そういうところに飛び込んで行きたいという気持ちが、膨らんでいった結果だと思います。
息子から留学の話を聞いたときは、大反対しました。「大学入試から逃げているだけだ」「英語の成績がいいわけでもないのに、どうするつもりなのか」と、かなり厳しい言葉もかけたのですが、あまりに必死な息子の様子を見るうちに、もし行かせなければいつか息子が後悔するかもしれない、と思うように。たとえ失敗しても、そこから学ぶこともある。だったら一度は挑戦させてみようか、となったわけです。 出発前に息子とした約束は、1月までに学部入学が認められなければ帰国するということ。向こうへ行ってからはほとんど話をしていませんが、ホームステイやその後の家探しなどで苦労しながらも、何とかやっているようですね。親として不安はつきませんが、行ったからには納得いくように頑張ってほしい。普段は頼りないところもありますが、ここぞという場面では集中力を発揮する息子ですから、目標は達成してくれると信じています。

子どもの留学を取り巻く環境

ココが知りたい!
日本では、政治や経済、文化などさまざまな分野でグローバル化が進展し、グローバル社会で活躍できる人材の需要が高まっています。海外取引を積極的に進めたいとする企業も多い中、英語力はもとよりコミュニケーション能力やチャレンジ精神といった幅広い能力を備えた「グローバル人材」が不足しています。そのため国や公共団体での奨学金支援、名門高校などではグローバル化対策を推進しています。また、高校時代の1年間以上の留学体験が、大学受験にも有利に働くケースもあります。
人材不足で留学経験者が貴重な人材に
今、海外の人と対等に渡り合って市場を開拓し、会社の発展に貢献できる「グローバル人材」が求められています。国際感覚や異文化への適応能力、コミュニケーション能力、主体性や積極性、外国語能力、忍耐力や我慢強さ、といった能力は、留学によって培われることから、いま留学経験者に注目が集まっているのです。
グローバル人材を必要とする企業
グローバル人材需要量の将来推計値
労働力も不足する中、経産省の調査では、2012年から2017年にかけてのグローバル人材の需要量は、約2.4倍にもなると推計されています。そのため日本政府は、6万人弱(2014年)の留学生を、2020年までに、12万人に増やすことを発表しています。
海外の名門大学を目指す高校生
日本政府は、2020年までに海外留学をする大学生6万人から12万人に増やす計画を表明。 日本人留学生倍増とグローバル人材の育成が、安倍政権の成長戦略のひとつに据えられました。 日本の国際力は、「個人のグローバル力をどう伸ばすかにかかっている」とも言われ、 文部科学省の『トビタテ!留学JAPAN』など国をあげての留学支援が2013年よりスタートしています。
 また、早稲田や立教、一橋などの大学では、「全学部生を海外留学させる」といった 教育カリキュラムを打ち出しています。一方で、あえて日本の大学を受験せず、海外大学に進学する 受験生が、日本の新聞や週刊誌でも頻繁に取り上げられています。
留学体験者は大学でも有利に
高校時代に、交換留学などで1年以上の留学経験をされた方の8割が、英語教育や国際教育に力を入れる先進的な大学を選び、留学前の成績に比べて偏差値の高い大学への進学を成功させています。また、一年間で培ったヒアリング力は、大学入試センター試験のリスニング試験対策としても有効です。更に『グローバル体験公募推薦入試』なども始まっています。これからはますます、留学体験者が、大学受験でも有利になっていくでしょう。
子どもの留学について今すぐ聞いてみる
0120-115-589
メールで問い合わせ
資料請求された方に
「ジュニア留学体験談」差し上げます

どんな留学ができるか

ココが知りたい!
春休み・夏休みの時期を中心に、大学付属の語学学校や私立の語学学校が小中高校生向けに開催するサマープログラムなどに参加します。午前中は英語の授業、午後はアクティビティ(課外活動)という組み合わせがポピュラーで、スポーツやゲーム、カルチャー体験などを通して、その国の文化を理解するとともに、友達の輪を広げられます。語学力アップはもちろん、多国籍な仲間との交流が、異文化への興味や積極性を育み、成長の大きな糧となることでしょう
「高校交換留学」は、アメリカ国務省認定の異文化交流を目的とするプログラムです。留学先はアメリカのみで、受け入れ団体によって決められます。学年レベル相当の英語力、成績は平均以上などの条件がありますが、学費や滞在費は免除されます。また「高校私費留学」は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどの都市を選ぶことができ、学費・滞在費は自己負担です。留学期間は交換も私費も、原則約10カ月間です。
海外の大学(高等教育機関)に入学し、学位を取得する留学です。専攻や分野によっては日本よりも実績があったり、カリキュラムが先端的で実践的という場合もあります。勉強や課題はハードですが、留学生も学びやすいようサポートやシステムの整備が進んでいます。アメリカをはじめ、英語圏の大学で学べる専攻の数は600以上あり、日本では学べない専攻もあります。目的意識の高い学生と一緒に学ぶことで刺激を受け、またその後の有意義な人間関係の構築も可能です。
子どもを留学させたいと考えている保護者の方へ
							いま小学校から英語教育が行われ、国をあげての留学の促進が話題となるなかで、小中学生の、「ジュニア留学」を希望されるご家庭の相談も増えています。夏休みなどを利用して、親元を離れての海外での2週間は、才能や個性、自主性を伸ばすとてもいい機会になっています。子どもさんの希望はもちろんですが、親御さんが、どのような思いで子どもを留学させたいのかということもお聞きしながら、留学する国や地域、最適なプログラムをご提案しています。
							高校留学を目指すご家庭からは、中学生のころからのご相談があります。10ヶ月間の「高校交換留学」や「高校私費留学」は、英語能力を飛躍的に伸ばすだけでなく、大人としての人格形勢にもつながっています。「米国の交換留学」では、高校時の出席率なども重要になってきますから、より早くからの計画をおすすめしています。また、海外にはトップランクの大学も多いため、進学の選択肢を増やす意味で、海外大学への進学を念頭においたご相談もお受けしています。将来についてのゴールを定め、意識を高めていくことが、海外大学進学の、成功の鍵となっています。

夢の実現は最初の一歩からぜひ、無料の留学相談にお越しください。

〜「ヨーク国際留学センター」(東京 御茶ノ水)及び、全国80ヶ所の「COCO塾」で承ります〜

情報収集の一環として、お気軽にご相談ください。ネットだけでは得られない、最新情報や、お子様の未来につながるヒントが見つかります。

子どもの留学について今すぐ聞いてみる
0120-115-589
メールで問い合わせ
資料請求された方に
「ジュニア留学体験談」差し上げます
ページ上部へ
子どもの留学を考える!
子どもを取り巻く環境は、めまぐるしく変わっています。その影響もあって、子どもの自立心や責任感、自発性、積極性などが課題として上げられることも多くなってきました。留学体験は、そのような子どもの精神的な側面に、とても有益な効果を与えるものとして注目されています
ココが知りたい!
子供の留学を考える!
子どもの海外留学を実現したお父さんお母さんにお話を聞くと、英語力や知識はもとより、「やる気が出た」「勉強に関心を持つようになった」「責任感が育った」「精神的に強くなった」という話が多いことに驚かされます。ひとりで海外に行き、外国人と一生懸命に、対話しようとする。その体験が子供を触発し、その結果、いままでになかったほどの、意欲へとつながっていくのです。そして留学を成し遂げた達成感が、その後の人生を支えていきます。
生きる力がつく
留学をした結果を聞くと、「身の回りのことを自分でやるようになった」「友だちと話せるようになった」「自信がついた」という感想がとても多いのです。海外留学は、数多くの子供たちの、自主性・積極性を育み、子供に生きる力をつけることにつながっています。
英語力がつく
学校の授業で学ぶ英語は、ますます実践的になっていますが、海外留学での英語は、まさに実践そのものです。必要に迫られて英語を使う。相手の気持ちを考えて英語で対話する。このことで英語への関心が高まり、やがて英語力と呼べるものになっていきます。
成績が上がる
海外留学で関心を持つのは、まずは英語でしょう。そして他国の地理や歴史、文化、そして異国での学習方法にも自ずと関心が広がります。海外留学をしたことで、勉強への関心が高まり、「学校での成績も上がった」というケースがとても多く報告されています。
将来の目標ができる
留学した子供の帰国後の感想でもっとも多いのは、「また留学したい」というコメントです。そして、多くの子供が、海外で資格を取りたい、海外で活躍できる力をつけたい、海外に人脈をつくりたい、英語を使う仕事がしたい、といった将来の目標をあげています。
社会に求められる
海外留学は、生涯、忘れられない体験になります。そして高校や大学への進学、企業への就職に際しても役立つでしょう。海外で身につけた思考力、英語力や技術によって、いま最も社会に求められている「グローバル人材」になる道がひらけるでしょう。
体験風景
子どもの留学について今すぐ聞いてみる
0120-115-589
メールで問い合わせ
資料請求された方に
「ジュニア留学体験談」差し上げます
子どもを留学させた保護者の方の声
別々に泊まるのも、留学も初めて双子の姉妹で楽しんで留学できました
羽田で見送る時は涙が出そうになりましたが、親としてそこは我慢!留学中は、学校の Facebookの写真が楽しみでした。2人ともお友達と楽しく過ごせたようで、良かったです。双子でも性格は全く違うので、帰国後の英語への取り組み方もそれぞれ。愛季は相変わらずマイペース、恵梨は「英語を話せるようになりたい!」という気持ちを強くしたようです。
娘が中学で語学留学・2週間した親御さんの声
中学3年の夏に、娘が留学したいと言い出したので、イギリスのロンドンにあるシュプラッハカフェに、2週間の語学留学に行かせました。娘は大人しく受け身な性格で、受け応えも苦手なほうだったので、海外の体験で、積極的になればいいなと考えました。留学先では、自分で自分のことをすべてやらなければなりませんから、その意味でも留学がいい教育になりました。帰国してからは、より英語が好きになり、高校にも合格しました。いまは、特に英語が得意で、英語の成績が伸びています。
息子が高校私費留学・10ヶ月した親御さんの声
息子は、カナダのブリティッシュコロンビア州にあるカナダ公立高校に約10カ月間留学しました。帰国後は、勉強量が増え、成績もぐんぐん伸びて学年上位になり、生徒会長も務めました。親としては、お金を支援することしかできませんでしたが、本人が選んだ留学を実現できたことが、自信につながったのだと思います。上智大学の外国語学部の推薦入試に合格し今は大学生として頑張っています。留学は自分を見つめなおす機会になったと思います。
こんな情熱があるのならと、
主人も納得
娘が高3になったときに、どうしても海外の大学に進学したいと言い出しました。私は、日本の大学に進んでからでも海外留学はできる、休学留学という方法もあるのだから、と思いましたが、本人の思いはとても強かったようです。日本の大学に行って過ごす時間が惜しい、すぐにでも行きたいというほどでした。主人も「こんなに情熱があるのなら」と留学することを許したのです。最初は難色を示していた主人も、娘の話を聞いてからはコロっと変わってしまいまして、「お母さんもお父さんも、100%応援してあげる」などと娘には言ったようでした。カナダに留学したことがとても良かったのか、本人は日本とは違う環境に憧れており、英語学校の留学経験のある先生からお話を聞いて、すごく刺激を受けたようです。ぜひ自分も、そういう経験したいと。アメリカ大学進学も、そういうところに飛び込んで行きたいという気持ちが、膨らんでいった結果だと思います。
行ったからには納得いくように頑張ってほしい
息子から留学の話を聞いたときは、大反対しました。「大学入試から逃げているだけだ」「英語の成績がいいわけでもないのに、どうするつもりなのか」と、かなり厳しい言葉もかけたのですが、あまりに必死な息子の様子を見るうちに、もし行かせなければいつか息子が後悔するかもしれない、と思うように。たとえ失敗しても、そこから学ぶこともある。だったら一度は挑戦させてみようか、となったわけです。 出発前に息子とした約束は、1月までに学部入学が認められなければ帰国するということ。向こうへ行ってからはほとんど話をしていませんが、ホームステイやその後の家探しなどで苦労しながらも、何とかやっているようですね。親として不安はつきませんが、行ったからには納得いくように頑張ってほしい。普段は頼りないところもありますが、ここぞという場面では集中力を発揮する息子ですから、目標は達成してくれると信じています。
ココが知りたい!
留学を取り巻く環境
日本では、政治や経済、文化などさまざまな分野でグローバル化が進展し、グローバル社会で活躍できる人材の需要が高まっています。海外取引を積極的に進めたいとする企業も多い中、英語力はもとよりコミュニケーション能力やチャレンジ精神といった幅広い能力を備えた「グローバル人材」が不足しています。そのため国や公共団体での奨学金支援、名門高校などではグローバル化対策を推進しています。また、高校時代の1年間以上の留学体験が、大学受験にも有利に働くケースもあります。
人材不足で留学経験者が貴重な人材に
今、海外の人と対等に渡り合って市場を開拓し、会社の発展に貢献できる「グローバル人材」が求められています。国際感覚や異文化への適応能力、コミュニケーション能力、主体性や積極性、外国語能力、忍耐力や我慢強さ、といった能力は、留学によって培われることから、いま留学経験者に注目が集まっているのです。
グローバル人材を必要とする企業
労働力も不足する中、経産省の調査では、2012年から2017年にかけてのグローバル人材の需要量は、約2.4倍にもなると推計されています。そのため日本政府は、6万人弱(2014年)の留学生を、2020年までに、12万人に増やすことを発表しています。
グローバル人材需要量の将来推計値
海外の名門大学を目指す高校生
日本政府は、2020年までに海外留学をする大学生6万人から12万人に増やす計画を表明。 日本人留学生倍増とグローバル人材の育成が、安倍政権の成長戦略のひとつに据えられました。 日本の国際力は、「個人のグローバル力をどう伸ばすかにかかっている」とも言われ、 文部科学省の『トビタテ!留学JAPAN』など国をあげての留学支援が2013年よりスタートしています。
 また、早稲田や立教、一橋などの大学では、「全学部生を海外留学させる」といった 教育カリキュラムを打ち出しています。一方で、あえて日本の大学を受験せず、海外大学に進学する 受験生が、日本の新聞や週刊誌でも頻繁に取り上げられています。
海外の名門大学を目指す高校生
高校時代に交換留学等で1年以上の留学経験をされた方の8割が、英語教育や国際教育に力を入れる先進的な大学を選び、留学前の成績に比べて偏差値の高い大学への進学を成功させています。また一年間で培ったヒアリング力は、大学入試センター試験のリスニング試験対策としても有効です。更に『グローバル体験公募推薦入試』なども始まっています。これからはますます、留学体験者が、大学受験でも有利になっていくでしょう。
子どもの留学について今すぐ聞いてみる
0120-115-589
メールで問い合わせ
資料請求された方に
「ジュニア留学体験談」差し上げます
ココが知りたい!
どんな留学ができるか
春夏のジュニア留学(語学留学) 約1週間~2ヶ月間
春休み・夏休みの時期を中心に、大学付属の語学学校や私立の語学学校が小中高校生向けに開催するサマープログラムなどに参加します。午前中は英語の授業、午後はアクティビティ(課外活動)という組み合わせがポピュラーで、スポーツやゲーム、カルチャー体験などを通して、その国の文化を理解するとともに、友達の輪を広げられます。語学力アップはもちろん、多国籍な仲間との交流が、異文化への興味や積極性を育み、成長の大きな糧となることでしょう
留学風景
高校交換留学 高校私費留学 約10ヶ月~3年間
「高校交換留学」は、アメリカ国務省認定の異文化交流を目的とするプログラムです。留学先はアメリカのみで、受け入れ団体によって決められます。学年レベル相当の英語力、成績は平均以上などの条件がありますが、学費や滞在費は免除されます。また「高校私費留学」は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスなどの都市を選ぶことができ、学費・滞在費は自己負担です。留学期間は交換も私費も、原則約10カ月間です。
留学風景
大学留学(進学) 約2年~4年間
海外の大学(高等教育機関)に入学し、学位を取得する留学です。専攻や分野によっては日本よりも実績があったり、カリキュラムが先端的で実践的という場合もあります。勉強や課題はハードですが、留学生も学びやすいようサポートやシステムの整備が進んでいます。アメリカをはじめ、英語圏の大学で学べる専攻の数は600以上あり、日本では学べない専攻もあります。目的意識の高い学生と一緒に学ぶことで刺激を受け、またその後の有意義な人間関係の構築も可能です。
留学風景
子どもを留学させたいと考えている保護者の方へ

夢の実現は最初の一歩からぜひ、無料の留学相談にお越しください。

〜「ヨーク国際留学センター」(東京 御茶ノ水)及び、全国80ヶ所の「COCO塾」で承ります〜

情報収集の一環として、お気軽にご相談ください。ネットだけでは得られない、最新情報や、お子様の未来につながるヒントが見つかります。

子どもの留学について今すぐ聞いてみる
0120-115-589
メールで問い合わせ
資料請求された方に
「ジュニア留学体験談」差し上げます
ページトップへ