TOPへ戻る
トップへ戻る
アメリカ大学進学 いまからでも出願に間に合います
日本の大学を受験するんだけど、今から、アメリカの大学も併願できるかなぁ?アメリカの大学は入試制度が違うからこれからでも間に合うかも…。
結論からいうと「間に合います」日本の大学との併願で、アメリカの大学に出願しておきたい。
		A0入試に落ちたので、アメリカの大学も視野に入れたい。
		アメリカの大学のほうが、自分に向いているのではないかと思うようになった。
こんな方は、いますぐ情報を入手しよう
「アメリカ大学進学」について今すぐ聞いてみる
アメリカ大学進学 イメージ

電話で聞く 電話 0120-115-589

アメリカ大学進学に関する資料を取り寄せる
ココからが重要です
そもそも
student_image

今からアメリカ大学進学留学して間に合うの?

旗

入試はなく書類審査で合否が決定

アメリカの大学での入学審査では、高校3年間の学業成績(GPA)と、志望動機やエッセイ、そして英語力を示す書類を秋に提出すると、翌年の2〜3月に合否が判定します。そのため、いますぐに準備を始めれば入学審査に間に合うのです。また高校の学業成績は良くても英語力が不十分な場合には、大学指定の集中英語コースに通うことを条件として入学を認める「条件付き入学」の制度もあります。
なぜ間に合うの?イメージ1
旗

11〜1月が出願シーズン

一般に、アメリカの大学では、11月〜1月が出願シーズンとなっています。入学は学期ごとにできるため、日本の大学と併願することも可能です。ちなみに、8月末から翌年の5月までが1学年で、6〜8月が夏休み。8月下旬からの秋学期と1月下旬からの冬学期の2つに分ける2学期制(セメスター)と、9月下旬の秋、1月初旬の冬、3月下旬の春、6月中旬の夏の4学期制(クォーター)があります。
なぜ間に合うの?イメージ2
旗

書類提出すれば、2〜3月の合否を待つだけ

高校3年間の学業成績(GPA)と、志望動機やエッセイ、TOEFLやIELTSなどの英語力を示す書類を提出すれば、日本のように入学試験会場に行って、試験を受ける必要はありません。つまり、書類を提出してしまえば、翌年の2月〜3月まで、合否の結果を待つだけなのです。
なぜ間に合うの?イメージ3
合格者が募集定員に達すると、願書受付を締め切る大学や、11月末に締め切る大学もありますので、早めの出願が鉄則です。
志望校を絞ったら出願の手続き、各大学に必要な提出書類の準備に入ります。手続上のトラブルを防ぐためにも、専門の留学カウンセラーに依頼すると安心です。出願書類の記入やエッセイの添削、学生ビザや保険の申請など、サポートを受けることができます。その間各自必要な勉強に励むなどし、留学生活の準備を進めていくことができます。
英語力が不足していて、条件付き入学を希望した場合、4月頃に渡米し、大学付属や指定された英語学校で、大学入学基準に必要な英語力を養います。
秋からの出願スケジュール
実は
student_image

アメリカ大学進学に必要な英語力

旗
出願時に特別な英語力は必要なし
「条件付き入学制度」を利用すれば、出願の時点で、英語力が志望校の合格基準に満たなくても、成績やその他の条件をクリアしていることで、大学から合格内定が得られる。この場合、出願の手続きは 日本で行い、その後アメリカに渡り、大学付属の英語研修期間 (ESL)や指定の英語学校などで、英語力を高める勉強をします。
なぜ間に合うの?イメージ1
本当のところ
student_image

アメリカ大学の魅力を知る

特別な留学は必要なし
旗

大学の数は約2500校、専攻の数も600以上!

アメリカには、4年制の大学だけでも、私立と公立を合わせて約2500校があります。さらに学べる分野、専攻は、600以上と言われています。なかでも、総合大学である universityは、大学院まで設けており、経済産業界、地域社会のニーズに応じた多種多様なカリキュラムを提供しています。アメリカの大学には、日本にはない専攻もあるので、選択肢の幅が広がる魅力もあります。
旗

専攻は、3年次までに決定すればOK!

英語力が低いなどで、4年制大学への入学が難しい場合でも、入学の条件が緩やかなコミュニティ・カレッジと呼ばれる公立校に入り、そこからトップレベルの4年制大学に編入することもできます。コミュニティ・カレッジには、通常、4年制大学への編入を目的とした進学コースが設置されていますので、そこで2年間、一般教養を学び、3年次よりさらにハイレベルの4年制大学への編入を目指すことができます。
旗

トップレベルの4年制大学も

「条件付き入学制度」を利用すれば、出願の時点で、英語力が志望校の合格基準に満たなくても、成績やその他の条件をクリアしていることで、大学から合格内定が得られる。この場合、出願の手続きは 日本で行い、その後アメリカに渡り、大学付属の英語研修期間 (ESL)や指定の英語学校などで、英語力を高める勉強をします。
こんな方は、いますぐ情報を入手しよう
「アメリカ大学進学」について今すぐ聞いてみる
アメリカ大学進学 イメージ

電話で聞く 電話 0120-115-589

アメリカ大学進学に関する資料を取り寄せる

アメリカの大学出願には
何から始める?

出願までには、やらなければならないことが沢山。
今からこれをすべて1人でやるのは、大変ですよね。
安心してください!
ヨーク国際留学センターに
ご相談いただければ、すべて解決します。
先ずはあなたのご希望をお聞かせください。
2月合格を目指して、
一緒に準備を始めましょう。
早い大学は、11月末に願書の受付を締め切ります。
少しでも早く検討することが可能性を高めます。
今から、アメリカの大学への進学を検討される方や、日米の大学を併願する方は、すぐに、無料の留学相談をご利用ください。早い大学は11月末に願書の受付を締め切ってしまうからです。来年の5月に願書を締め切る大学もありますが、一般的に、難易度の高い大学ほど締切は早くなっており、早く検討をはじめなければ、選ぶことのできる大学が減ってしまいます。書類の提出までには、SAT(適性試験)やTOEFL、そしてエッセイの準備などもありますから、少しでも早く検討することが必要です。ヨーク国際留学センターの無料の留学相談は、留学することを決意されてなくても、お気軽に受けていただくことができます。不安や疑問はみなさんお持ちですし、相談に来られてはじめて、「意外と自分は、海外の大学に向いているかも」と気づいた方もいらっしゃるのです。最新の留学情報がほしいとか、大学のパンフレットを入手したいという理由で、留学相談を受けられる方もいらっしゃいます。みなさまのお越しをお待ちしています。
藤述 芳子(ふじのべよしこ)
ヨーク国際留学センター

ヨーク国際カウンセラー
藤述 芳子(ふじのべよしこ)

まずは、ご相談ください→
student_image

アメリカ大学進学・留学体験談

本格的に学ぶならアメリカだと分かった

緊張感のなかで自分を磨きたいと思い
アメリカ大学進学を決意

遠藤さん

遠藤 巧也 さん

■ 2017年8︎月~:大学付属の語学学校に入学

■ 2017年9月~:州立ネバダ大学 ラスベガス校入学予定

日本から出ることで、いい意味で危機感や緊張感のなかで生活することができ、自分を磨けると思ったので海外の大学を視野に入れました。ホテル経営学を学びたいので、そういうことの学べるネバダ大学ラスベガス校に進学することにしました。

日本の第一志望の大学に不合格になったことがきっかけ

アメリカのコミュニティカレッジに進学
その後、4年制大学への編入を目指す

古田さん

古田 隼也さん

■ 2017年8月~:大学付属の語学学校に入学

■ 2018年1月~:ガズデン州立コミュニティカレッジ(2年制大学)へ入学予定

日本で第一志望の大学の不合格になったことで進路を見直し、アメリカのコミュニティカレッジに進学することにしました。その後4年生大学に編入することを目指し、世界に通用する人材になるための最先端の技術や知識を身につけたいと思います。

楽しかったカナダ留学、そこから夢は広がって

高校で留学したことが
アメリカ大学への進学のきっかけに

伊藤さん

伊藤 志摩 さん

■ 2016年4月~:語学学校カプランに入学

■ 2016年9月~:ハイラインカレッジ 入学

高校2年の夏に、カナダのキングジョージインターナショナルカレッジに留学。日本とは全く違う授業や、カナダに溢れる日本製の電化製品、車などに驚き、海外の大学への夢を膨らませる。2016年4月より渡米。

アメリカで、いろいろなことにチャレンジしたい

文明文化の発達した国で
自分を試してみたいから

大窪さん

大窪 俊介さん

■ 2016年4月~:語学学校ELSに入学

■ 2017年9月~:ディアンザカレッジ 入学予定

自由があり、文明文化が発達し、さまざまな人種の人たちが共存しているアメリカに憧れ、渡米を希望。IT会社の起業など同じ夢を持つパートナーを探し世界中の人達とともに戦いたいと両親を説得して留学を実現。

地球の環境改善や宇宙開発の仕事に携わりたい

日本の大学では学べない、
知識やスキルも身につけたい

杉村さん

杉村 百花さん

■ 2016年3月 :私立高校を卒業

■ 2016年8月~:アリゾナ大学へ入学

幼いころから宇宙に興味を持つ。英語は苦手だったが、高校時代の留学を機に克服。大学院進学も視野に入れ、この夏からアメリカで大学生活をスタートさせる。中学時代は剣道部で、初心者ながら区大会優勝の経験も。

レベルの違うアメリカで自分を試したい

自分のやっている音楽を
ジャズの 本場のアメリカで学びたい

高田さん

髙田 流雅さん

■ 2016年4月~:シトラスカレッジ内
語学学校FLSに入学

■ 2016年9月~:シトラスカレッジ入学

高校2年のころ、留学を目標に英語を学びたいと英語学校に通い始め、ネイティブ教師に英会話を学ぶ。アクティブディスカッションやトークセッションによって自信がつき外国人との会話でも緊張しなくなった。

アメリカの4年制大学をめざして

第一志望の大学に落ちたことが、
留学人生の始まり

野畠さん

野畠 拓也さん

■ 2014年8月~:シトラスカレッジ内
語学学校FLSに入学

■ 2015年1月~:シトラスカレッジ入学

石川県金沢市の高校を卒業。性格は陽気で、積極的。スポーツ全般に関心があり、中学と高校1年の4年間、サッカー部に所属。そのほか、ロッククライミングやバスケットボール、水泳なども得意。

授業に興味が持てず、日本の大学を辞めて留学

ロサンゼルスの大学に編入して
映画や舞台の勉強をしたい

成田さん

成田 理奈さん

■ 2015年9月~:フットヒルカレッジESLに入学

■ 2016年11月~:同カレッジのシアター・アート学科へ入学

趣味は映画や海外ドラマ鑑賞。劇中で使われるセットや道具のデザインに興味を持ち、演劇・映画美術を学ぶためにアメリカへ。特にお気に入りは「アベンジャーズ」「キャプテン・アメリカ」などのマーベル作品。

「アメリカ大学進学」
に関する
留学資料を
無料で差し上げます

資料請求イメージ01
資料請求イメージ02
アメリカ大学進学に関する
お問い合せ/ご相談
お電話でご希望の方 イメージ
お電話

お電話でご希望の方は

メールで聞く イメージ
メールで聞く

メールで聞く

オンライン相談をご希望の方は イメージ

全国80ヶ所からできる
オンライン相談をご希望の方は

相談予約へ