トップへ戻る
YORK国際留学センター
0120115589
留学相談
資料請求
お問合わせ
普通の高校生にもできるアメリカ大学進学
日本人に適した2つの大学進学方法
アメリカ大学4つの特徴
大学留学の不安解消
アメリカの大学を選びました
日本人に適した2つの大学進学方法
アメリカ大学4つの特徴
大学留学の不安解消
アメリカの大学を選びました
ヨーク国際留学センター3つの安心 ヨーク国際留学センター3つの安心
安心の理由1
COCO塾ジュニアやGabaなどを運営する東証一部上場
(株)ニチイ学館が親会社だから安心
安心の理由2
東京・お茶の水「ヨーク国際留学センター」のほか、
全国に展開するCOCO塾ジュニアやGabaからオンラインで相談できるから安心
安心の理由3
渡航前の準備、留学中のホームステイ、現地生活のお手伝い帰国後の就職など、
留学の満足度を高める8つのサポートがあるから安心
安心1
東証一部上場企業「ニチイ学館」の一員だから安心
安心2
全国にあるGabaやCOCO塾ジュニアからオンラインで相談できるから安心
安心3
留学前、現地生活、帰国後まで留学の満足度を高める「8つの安心サポート」で安心
閉じる

㈱ヨーク国際留学センターはCOCO塾ジュニア、Gabaマンツーマン英会話を運営する ㈱ニチイ学館(東証一部上場)の100%子会社です。

正直なところ、中学、高校時代、英語の成績は良くなかった。英語は苦手なほう。そういった高校生は少なくありません。でも、特別な英語力のない、普通の高校生がアメリカの大学に進学する方法があります。 日本のような入学試験でなく、高校時代の成績やエッセイなどの書類審査で合否が決定するアメリカの場合、渡米してから入学に必要な英語力を大学付属の英語学校などで身につけて進学する方法もあり、実際に英語の苦手だった先輩も、渡米してから英語力を身につけています。

student_image

日本人に適した2つの大学進学方法

日本の高校生は、自分の英語力に不安を覚えがちです。しかし、英語力が乏しくても悲観する必要はありません。英語力に不安のある日本人がアメリカの大学に進学する場合、日本人に適した3つの方法があります。その一つは、大学指定の集中英語コースに通う条件で入学を認める「条件付き入学」を利用する方法。二つ目は、まず2年制大学に進学してから、4年制大学に編入する方法です。
2つの大学進学方法イメージ
旗

(1)英語力に不安な日本人に最適な「条件付き入学」

出願の時点で英語力が合格基準に満たなくても、内申書やエッセイなどの書類審査で仮の合格内定を得られる入学方法が「条件付き入学」です。出願の手続きは日本で行い、渡米後に大学附属の英語研修機関(ESL)や指定の英語学校で入学基準に必要な英語力を身につけた後、大学への正式な入学を認められます。英語力に不安のある日本人にとっては魅力的な方法と言えます。


※現地での英語研修機関、英語学校での英語力強化に要する期間の目安は、半年から1年。

旗

(2)2年制大学経由で4年制大学に編入

4年制大学と比較して、入学基準が緩やかな公立の2年制大学(コミュニティカレッジ)の「4年制大学編入コース」に入学し、そこで一般教養科目を履修した後、3年次から4年制大学への編入を目指す入学方法です。この方法はアメリカ人にとっても一般的な入学方法です。また最初から4年制大学へ入学するのに比べ、費用を安く抑えることもできます。


※2年制大学入学に必要な英語力の目安はTOEFLTMiBT:44点   IELTSⓇ:3.5点、英検2級以上。

「アメリカ大学進学」について今すぐ聞いてみる

アメリカ大学進学に関する資料を取り寄せる
student_image

アメリカ大学4つの特徴

世界から注目されているアメリカの大学進学について、まだ、充分に日本の高校生には情報が行き届いていないのかもしれません。そのため「アメリカの大学に進学するには、日本のように試験場に行って試験を受けなくてもいいんですよ」と話すと、「えっ?」と驚く高校生が、多いのです。日本とアメリカでは、大学進学の仕組みがまったく違います。アメリカでは門戸を開いて、入学生を待っています。ここでは、「アメリカの大学4つの特徴」について、ご紹介しましょう。

4つの特徴 イメージ
旗

(1)アメリカには入試がない

アメリカの大学に進学するには、日本の高校を卒業した人が、大学が求める願書や高校成績証明書(GPA)と、卒業証明書、エッセイ、推薦状、財政能力証明書等に加えて、英語力を示すスコアなどを添えて出願することが必要となります。日本のような入学試験はありませんので、入学のチャンスがとても広がります。

つまり
日本の高校生が、アメリカの大学へ進学できるチャンスは、十分用意されています。
旗

(2)入学時に専攻を決める必要がない

日本では、学部や学科を事前に決めて大学受験をしなければなりませんが、アメリカの大学では、2年次までに一般教養課程(リベラルアーツ)を履修後、3年次から専門分野に取り組みます。したがって、入学時に専攻を決める必要はなく、3年次までに決定すればいい点が日本とは異なっています。また、アメリカでは、専攻を複数取ったり、学部を変えたりすることもできるなど、日本に比べると自由度が高いことが特徴です。

つまり
まだ進路が決まっていない日本の高校生が、アメリカの大学へ進学した後に、専攻を決める時間があります。
旗

(3)学期ごとに入学できる

一般に、アメリカの大学では、9月から翌年の5月までが1学年で、6~8月が夏休みです。入学は各学期ごとにできるため、日本の大学と併願することも可能です。8月下旬からの秋学期と1月下旬からの冬学期の2つに分ける2学期制(セメスター)と、9月下旬の秋、1月初旬の冬、4月初旬の春、6月下旬の夏の4学期制(クォーター)があります。

つまり
日本の高校生が、アメリカの大学へ進学したいと思った時に、次の学期で入学を目指すことができます。
旗

(4)日本とアメリカの大学同時出願

日本の大学の推薦入学の結果発表は11月頃、受験シーズンは1月中旬から3月初旬まで。一方アメリカの大学は、早期出願の締め切りが11月初旬、レギュラー出願の場合は1月中旬から4月頃まで大学によってさまざまです。 出願書類だけで合否が決定するアメリカの大学であれば、受験勉強の必要がないため日本の大学との併願も可能です。それから出願しても多くの大学には間に合います。

つまり
アメリカの大学への出願手続きを済ませておけば、後は審査結果を待つだけなので、日本の大学受験に専念することができます。

「アメリカ大学進学」について今すぐ聞いてみる

アメリカ大学進学に関する資料を取り寄せる
student_image

大学留学の不安を解消

留学生の就職は?

海外留学体験者の需要は? ますます高まるグローバル人材
日本では、いま留学経験者などのグローバル人材が不足していると言われます。ではなぜ留学経験者は求められているのでしょうか。そのヒントは日本の経済や政策にあります。日本のGDP(国内総生産)は2050年には、世界9位にまで後退すると予測されています。経済の低迷と国内市場規模の縮小は一層の国際化につながってきています。例えば経済産業省の調査では日系企業の海外現地法人数は、2002年から11年間に1.4倍になっています。一方で日本の人口が減る事によって生じる労働力の低下は、海外から来日する外国人によって補われています。日本の国際化は国内でも進んでいます。さらに2020年には日本でオリンピックが開催され多くの外国人が来日します。このようななか日本政府は2020年までに海外留学をする大学生を6万人から12万人にまで増やす計画を表明。日本人留学生倍増にグローバル人材育成が安倍政権の成長戦略の一つに据えられました。現在、海外留学での目標のある学習や異文化体験によって、対話力や人間力を養った「グローバル人材」への期待が高まっています。

グローバル人材量と需要量推計

参照>2013年度グローバル人材白書 p6
ダイジョウブ・グローバルリクルーティング株式会社

英語力別平均年収

グラフ イメージ02

参照>2013年度グローバル人材白書 p34
ダイジョウブ・グローバルリクルーティング株式会社

英語力、学力はどのくらい必要?

①英語力:出願時には足りなくても大丈夫
アメリカの大学では、留学生の入学条件に、英語力判定テスト (主にTOEFL®)のスコアを定めているのが一般的で、最近では日本の英検を認める大学も増えつつあります。将来的にアメリカの大学進学を視野に入れているのであれば、出願する数年前から何度かテストを受けてスコアを伸ばしておくといいでしょう。また、出願時に、英語力が基準に満たない場合、成績やその他の条件をクリアしていれば、合格内定を得られる「条件付き入学制度」(渡米後、大学付属、または指定の英語学校で4ヶ月~1年程度、入学基準の英語レベルを目指します)もあります。

アメリカ大学入学で求められる英語力

TOEFL®iBT IELTSTM 英検
2年制大学 44点以上 3.5以上 2級/
2級A
4年制大学 61点以上 5.0以上 準1級以上
②学力(内申):日頃の積み重ねが大切
アメリカ大学の入学審査においては、高校3年間の学力が大きく考慮され、難関大学や有名校になるほど良い成績が求められる傾向にあります。ハイレベルな大学を目指すには、高校1年生のうちから英語だけでなく、他教科の勉強にも力を入れて、学校で良い成績をキープしておくことが必要です。目安として、アメリカの4年制大学はGPA※2.5以上、2年制大学はGPA2.0以上となりますが、GPA2.0未満でも入学できる大学もあります。比較的条件がゆるやかな2年制大学から4年制大学への編入を目指すのも一つの方法です。

アメリカ大学入学で求められる高校時代の成績

2年制大学 GPA2.0以上(日本の5段階評価で2.5に相当)
4年制大学 GPA2.5以上(日本の5段階評価で3.5に相当)

※GPA:Grade Point Averageの略。アメリカの高校で用いられる学業成績の平均値。
0~4までの5段階で表されます。

「英検®」でアメリカ大学の出願が
可能になりました。

日本人がアメリカの大学に進学するには、以前は「TOEFL®」、「IELTS」といった英語力証明試験のスコアを提出する必要がありました。

しかし、「TOEFL®」、「IELTS」といった試験は、日本の高校生には余り馴染みがなく、英語力を証明する試験としては「英検®」が有名です。この「英検®」が「TOEFL®」、「IELTS」と同様に、アメリカの大学出願時の英語力証明試験として、2004年から認められるようになり、「英検®」でもアメリカ大学の出願ができるようになりました。

アメリカ大学出願の英語力証明試験として「英検®」を認めている大学は、現在約370校(2018年7月現在)です。 求められる英検®の目安は各大学によって異なります。

英検が認定試験として
認められている大学

※2018年7月調べ

  • 4年制大学180校以上
  • 2年制大学140校以上

アメリカ大学出願に必要な「英検®」の目安

4年制大学
「英検®」準1級
2年制大学
(コミュニティカレッジ)
「英検®」2級A、「英検®」2級

※英検2級Aとは、以下の条件に該当する2級合格者
・一次/二次共に2016年度以降の合格者:英検CSEスコア2150点以上。お手元の成績表および合格証明書にて確認可。

「英検®」でのアメリカ大学進学について、もっと詳しく知りたい方は“「英検®」でのアメリカ大学進学”をご覧ください。

費用はどのくらいかかる?

生活費まで含めた留学費を検討
アメリカの大学に出願する際には、英語力や成績の他に、大学留学を支える資金(学費、滞在費、渡航費、海外留学保険料、おこづかいなど)をまかなえるだけの経済力が必要です。学費は地域や大学、専攻によって差がありますが、一般に4年制大学の方が公立2年制大学よりも高額です。コストを抑えて4年制大学に進学するには、2年制大学の編入制度を利用するのが経済的です。また、滞在先の選択次第で、生活費が変わります。ホームステイは費用が高めに見えるもの、朝夕の食事が含まれています。寮はキャンパス近くにあることが多く交通費を削減できます。アパートでの一人暮らしは高くつくため、ルームシェアの学生が大半で、自炊できればさらなる節約が可能です。

アメリカ大学入学で求められる高校時代の成績

グラフ イメージ04

「アメリカ大学進学」について今すぐ聞いてみる

アメリカ大学進学に関する資料を取り寄せる
student_image

体験談/アメリカ大学進学を選びました。

本格的に学ぶならアメリカだと分かった

緊張感のなかで自分を磨きたいと思い
アメリカ大学進学を決意

遠藤さん

遠藤 巧也 さん

■ 2017年8︎月~:大学付属の語学学校に入学

■ 2017年9月~:州立ネバダ大学 ラスベガス校入学予定

日本から出ることで、いい意味で危機感や緊張感のなかで生活することができ、自分を磨けると思ったので海外の大学を視野に入れました。ホテル経営学を学びたいので、そういうことの学べるネバダ大学ラスベガス校に進学することにしました。

日本の第一志望の大学に不合格になったことがきっかけ

アメリカのコミュニティカレッジに進学
その後、4年制大学への編入を目指す

古田さん

古田 隼也さん

■ 2017年8月~:大学付属の語学学校に入学

■ 2018年1月~:ガズデン州立コミュニティカレッジ(2年制大学)へ入学予定

日本で第一志望の大学の不合格になったことで進路を見直し、アメリカのコミュニティカレッジに進学することにしました。その後4年生大学に編入することを目指し、世界に通用する人材になるための最先端の技術や知識を身につけたいと思います。

楽しかったカナダ留学、そこから夢は広がって

高校で留学したことが
アメリカ大学への進学のきっかけに

伊藤さん

伊藤 志摩 さん

■ 2016年4月~:語学学校カプランに入学

■ 2016年9月~:ハイラインカレッジ 入学

高校2年の夏に、カナダのキングジョージインターナショナルカレッジに留学。日本とは全く違う授業や、カナダに溢れる日本製の電化製品、車などに驚き、海外の大学への夢を膨らませる。2016年4月より渡米。

アメリカで、いろいろなことにチャレンジしたい

文明文化の発達した国で
自分を試してみたいから

大窪さん

大窪 俊介さん

■ 2016年4月~:語学学校ELSに入学

■ 2017年9月~:ディアンザカレッジ 入学予定

自由があり、文明文化が発達し、さまざまな人種の人たちが共存しているアメリカに憧れ、渡米を希望。IT会社の起業など同じ夢を持つパートナーを探し世界中の人達とともに戦いたいと両親を説得して留学を実現。

地球の環境改善や宇宙開発の仕事に携わりたい

日本の大学では学べない、
知識やスキルも身につけたい

杉村さん

杉村 百花さん

■ 2016年3月 :私立高校を卒業

■ 2016年8月~:アリゾナ大学へ入学

幼いころから宇宙に興味を持つ。英語は苦手だったが、高校時代の留学を機に克服。大学院進学も視野に入れ、この夏からアメリカで大学生活をスタートさせる。中学時代は剣道部で、初心者ながら区大会優勝の経験も。

レベルの違うアメリカで自分を試したい

自分のやっている音楽を
ジャズの 本場のアメリカで学びたい

髙田 流雅さん

■ 2016年4月~:シトラスカレッジ内
語学学校FLSに入学

■ 2016年9月~:シトラスカレッジ入学

高校2年のころ、留学を目標に英語を学びたいと英語学校に通い始め、ネイティブ教師に英会話を学ぶ。アクティブディスカッションやトークセッションによって自信がつき外国人との会話でも緊張しなくなった。

アメリカの4年制大学をめざして

第一志望の大学に落ちたことが、
留学人生の始まり

野畠さん

野畠 拓也さん

■ 2014年8月~:シトラスカレッジ内
語学学校FLSに入学

■ 2015年1月~:シトラスカレッジ入学

石川県金沢市の高校を卒業。性格は陽気で、積極的。スポーツ全般に関心があり、中学と高校1年の4年間、サッカー部に所属。そのほか、ロッククライミングやバスケットボール、水泳なども得意。

授業に興味が持てず、日本の大学を辞めて留学

ロサンゼルスの大学に編入して
映画や舞台の勉強をしたい

成田さん

成田 理奈さん

■ 2015年9月~:フットヒルカレッジESLに入学

■ 2016年11月~:同カレッジのシアター・アート学科へ入学

趣味は映画や海外ドラマ鑑賞。劇中で使われるセットや道具のデザインに興味を持ち、演劇・映画美術を学ぶためにアメリカへ。特にお気に入りは「アベンジャーズ」「キャプテン・アメリカ」などのマーベル作品。

資料請求イメージ01 資料請求イメージ02
アメリカ大学進学に関する
お問い合せ/ご相談
お電話でご希望の方 イメージ
お電話

お電話でご希望の方は

メールで聞く イメージ
メールで聞く

メールで聞く

オンライン相談をご希望の方は イメージ

全国からできる
オンライン相談をご希望の方は

相談予約へ
夢の実現は最初の一歩から。ぜひ無料相談にお越しください 無料の留学相談はこちらから