ページ上部へ
アメリカの大学には入試がないことをしっていますか?日本人に適した3つの進学方法を教えます

正直なところ、中学、高校時代、英語の成績は良くなかった。英語は苦手なほう。そういった高校生は少なくありません。でも、特別な英語力のない、普通の高校生がアメリカの大学に進学する方法があります。 日本のような入学試験でなく、高校時代の成績やエッセイなどの書類審査で合否が決定するアメリカの場合、渡米してから入学に必要な英語力を大学付属の英語学校などで身につけて進学する方法もあり、実際に英語の苦手だった先輩も、渡米してから英語力を身につけています。

日本人に適した3つの大学進学方法

日本の高校生は、とかく自分の英語力に不安を覚えがちです。しかし、英語力が乏しくても悲観する必要はありません。英語力に不安のある日本人がアメリカの大学に進学する場合、日本人に適した3つの方法があります。その一つは、大学指定の集中英語コースに通う条件で入学を認める「条件付き入学」を利用する方法。二つ目は、まず2年制大学に進学してから、4年制大学に編入する方法。そして、三つ目は、日本にいる間に、充分な英語力を身につけてから留学する方法です。

(1)英語力に不安な日本人に最適な「条件付き入学」

出願の時点で英語力が志望校の合格基準に満たなくても、成績やその他の条件をクリアしていることから、合格内定を得られることを「条件付き入学」と呼びます。この場合、出願の手続きは日本で行い、渡米後に大学附属の英語研修機関(ESL)や指定の英語学校で英語力を高めるための学習をします。英語力に不安な日本人に魅力的な方法と言えるでしょう。

(2)2年制大学経由で4年制大学に編入

アメリカの4年制大学と比較して、入学条件のゆるやかな2年制の大学(短大)の進学コースからスタートし、専攻を決める3年次から別の4年制大学に編入する方法です。特に人気が高いのは、公立の2年制大学のコミカレ(コミュニティカレッジ)へ進学してから段階を踏んで4年制大学を目指すプランです。よりリーズナブルな学費であることも人気の理由となっています。

(3)日本で英語力をつけてから留学

日本で語学力をつけてから留学する事のメリットは、まず、英語力が高いほど、大学での選択できる授業や科目、体験や実習などが増え、現地での生活に早く慣れることができることです。英語力を修得するスピードも早く、より早い段階で専門分野を学ぶことができるでしょう。

アメリカ大学進学に関心がある、詳しい情報が欲しい、
先輩の体験談を読みたいという方に

「高校生のためのアメリカ大学進学」の
留学資料を期間限定セットでお届け!

「就職・転職に活かせる海外留学」の 留学資料を期間限定セットでお届け!

資料請求9/30金 まで いまだけ「大学留学」パンフレットに大学進学のための「体験談集」をプラスして無料で差し上げます
なぜ、日本の大学ではなくアメリカの大学を選んだか?
体験談集には、次のような先輩留学生の体験談が掲載されています。

  • 高校で留学したことがアメリカ大学への進学のきっかけに   伊藤 志摩 さん
  • 文明文化の発達した国で自分を試してみたいから  大窪 俊介 さん
  • 日本の大学では学べない、知識やスキルも身につけたい   杉村 百花 さん
  • ロサンゼルスの大学に編入して映画や舞台の勉強をしたい   髙田 流雅さん
  • 第一志望の大学に落ちたことが、留学人生の始まり   野畠 拓也 さん
  • ロサンゼルスの大学に編入して映画や舞台の勉強をしたい   成田 理奈さん

この特集に関するお問い合せご相談は

全国80ヶ所から
オンラインで相談

相談予約へ

アメリカの大学5つの特徴

世界から注目されているアメリカの大学進学について、まだ、充分に日本の高校生には情報が行き届いていないのかもしれません。そのため「アメリカの大学に進学するには、日本のように試験場に行って試験を受けなくてもいいんですよ」と話すと、「えっ?」と驚く高校生が、多いのです。日本とアメリカでは、大学進学の仕組みがまったく違います。アメリカでは門戸を開いて、入学生を待っています。ここでは、「アメリカの大学5つの特徴」について、ご紹介しましょう。

(1)アメリカには入試がない

アメリカの大学に進学するには、日本の高校を卒業した人が、大学が求める願書や高校成績証明書(GPA)と、卒業証明書、エッセイ、推薦状、財政能力証明書等に加えて、英語力を示すスコアなどを添えて出願することが必要となります。日本のような入学試験はありませんので、入学のチャンスがとても広がります。

(2)入学の段階で専攻は決めない

日本では、学部や学科を事前に決めて大学受験をしなければなりませんが、アメリカの大学では、2年次までに一般教養課程(リベラルアーツ)を履修後、3年次から専門分野に取り組みます。したがって、入学時に専攻を決める必要はなく、3年次までに決定すればいい点が日本とは異なっています。また、アメリカでは、専攻を複数取ったり、学部を変えたりすることもできるなど、日本に比べると自由度が高いことが特徴です。

(3)学期ごとに入学できる

一般に、アメリカの大学では、9月から翌年の5月までが1学年で、6〜8月が夏休みです。入学は学期ごとにできるため、日本の大学と併願することも可能です。8月下旬からの秋学期と1月下旬からの冬学期の2つに分ける2学期制(セメスター)と、9月下旬の秋、1月初旬の冬、4月初旬の春、6月下旬の夏の4学期制(クォーター)があります。

(4)2年制大学から4年制大学への編入は当たり前

アメリカやカナダの大学の場合、4年制の大学にそのまま進学する方法のほかに、よりハードルの低い、2年制の大学(コミュニティカレッジ)の大学編入コースに入学し、そこで一般教養科目を履修後に、3年次から4年制の大学に進学する方法があります。また、英語力に自信のない人の場合には、語学学校で英語力をつけて2年制の大学に入学し、そして4年制の大学に進学していく方法もあります。

(5)日本とアメリカの大学同時出願

日本の大学の推薦入学の結果発表は11月頃、受験シーズンは1月中旬から3月初旬まで。一方アメリカの大学は、早期出願の締め切りが11月初旬、レギュラー出願の場合は1月中旬から4月頃まで大学によってさまざまです。 出願書類だけで合否が決定するアメリカの大学であれば、受験勉強の必要がないため日本の大学との併願も可能です。それから出願しても多くの大学には間に合います。

大学留学の不安を解消

海外留学生の就職は?

目標のある学習と留学体験が強みに
日本の大学への進学では得られない知識と異文化体験。海外留学生の強みは、そこにあります。目的を明確にして目標を達成する力、対話力・人間力が評価されます。

グローバル人材量と需要量推計

グローバル人材需要量は、全雇用者数の8.7%となり、2012年と比較すると2.4倍にもなっている。

英語力別平均年収

英語力が身についているほど、給料(年収)も高くなる傾向がある。

英語力、学力はどのくらい必要?

英語力とともに、基礎学力の積み重ねが大切。
まっさきに、不安になるのは「英語力」や「学力」。でも、大丈夫です。 学びたいと意志がある人には、必ずチャンスが与えられる。それが海外の留学です。

英語力判定のテストのレベル目安

大学入学条件の英語力判定テストのスコアとして、アメリカやカナダではTOEFL、イギリスやオセアニアではIELTSが一般的ですが、最近アメリカを中心に日本の英検を認める大学もある。

費用はどのくらいかかる?

生活費まで含めた留学費を検討
海外の大学に出願するには、留学費用をまかなえるだけの経済力が必要ですが、日本で一人暮らしをして大学に行く費用の、何倍ものお金がかかるわけではありません。

大学留学費用 各国の比較

4年制大学で1年間学んだ場合の国別の年間費用。学費だけでなく、生活費も比べてみると、留学でどのくらいの出費となるかがよくわかる。

アメリカ大学進学に関心がある、詳しい情報が欲しい、
先輩の体験談を読みたいという方に

「高校生のためのアメリカ大学進学」の
留学資料を期間限定セットでお届け!

「就職・転職に活かせる海外留学」の 留学資料を期間限定セットでお届け!

資料請求9/30金 まで いまだけ「大学留学」パンフレットに大学進学のための「体験談集」をプラスして無料で差し上げます
なぜ、日本の大学ではなくアメリカの大学を選んだか?
体験談集には、次のような先輩留学生の体験談が掲載されています。

  • 高校で留学したことがアメリカ大学への進学のきっかけに   伊藤 志摩 さん
  • 文明文化の発達した国で自分を試してみたいから  大窪 俊介 さん
  • 日本の大学では学べない、知識やスキルも身につけたい   杉村 百花 さん
  • ロサンゼルスの大学に編入して映画や舞台の勉強をしたい   髙田 流雅さん
  • 第一志望の大学に落ちたことが、留学人生の始まり   野畠 拓也 さん
  • ロサンゼルスの大学に編入して映画や舞台の勉強をしたい   成田 理奈さん

この特集に関するお問い合せご相談は

全国80ヶ所から
オンラインで相談

相談予約へ

ヨーク国際留学センターは、留学促進キャンペーン 「トビタテ!留学JAPAN」の趣旨に賛同します

今なら、英会話40フレーズ無料ダウンロード
”じっくりご提案”をさせて頂きたいので、お早めにお問合いせ下さい 全国対応 さっそくお問合せ下さい!無料で資料をお届けします!0120-115-589 【受付時間】月〜金:10時〜19時、土:10時〜18時/日・祝日休み
資料のお届け、留学のご相談、留学セミナー参加は、全て無料です。
<全国対応です> 現在、日本全国からお問合せを頂いております。東京お茶の水の他、全国80ヶ所で留学相談を受けることができます(COCO塾留学デスク)。
無料相談はこちら
資料請求はこちら