留学するため親を説得。現地では楽しいことばかり

留学してみたいと母に話したら、最初はあまり本気で聞いてくれませんでしたが、熱心に伝えていたら、応援してくれるようになりました。海外へひとりで行くのが一番不安でしたが、空港に着くと、同じような子がいて、安心しました。ホームステイ先は親切なファミリーで、私がピアノを弾くとみんなで歌いだしたり、とても楽しかったです。会話はとにかく単語とジェスチャーを使いまくりでした。学校はいろんな国の生徒がいておもしろかったです。授業は日本と全然違い、先生が「今日は暑いから公園に行こう」と言い出したり、日本ではないですよね。

海外に行ったことで、改めて日本のすばらしさを実感

海外でびっくりしたのは、思っていたより日本のもので溢れていたこと。トイレや電化製品、走っている車、お寿司屋さんなど。日本の技術や物のすごさを実感しました。卒業式では、友だちと別れるのが寂しくてウルウル。以前より積極的に英語を話せるようになったし、友だちもたくさんでき、とてもいい経験になりました。将来は英語を使った仕事をしたいと思っているので、がんばらないといけないですね。

※スマートフォンサイトではダイジェスト版を掲載しています。完全版を読みたい方は、PCサイトへアクセスしてください。
PCサイトで読む

他の「私の選んだ留学」を読む