初日は帰りたいと思ったほど後悔

留学先は、日本人留学生が少ないことと、ヨーロッパに対する憧れもあってイギリスに決定。初日からクラスメイトのヨーロッパの子たちとの英語力の差に驚いて、帰りたいくらい後悔しました。あまりのショックにカウンセラーさんに泣きながら電話していたら、多くの人に心配してもらいました。ホストマザーの日本人の友達から「焦らなくていいから、話せなくても耳を慣らして」とアドバイスされたことで、スッキリしました。

海外の人とコミュニケーションがとれた!

夏のイギリスは夜8時頃まで明るくて、夜もアクティビティがあります。他の国の子たちとボーリングをしたら楽しくて、打ち解けることができました。イギリスで体験したことはすべてが感動で、海外の人とコミュニケーションがとれたことは自信になりました。ホストマザーから「2週間で話が理解できるようになったわね」と言われたりして、すごくうれしかったです。帰国後は、もう一度行きたい、もっとコミュニケーションをとれるようになりたいと思うようになりました。

※スマートフォンサイトではダイジェスト版を掲載しています。完全版を読みたい方は、PCサイトへアクセスしてください。
PCサイトで読む

他の「私の選んだ留学」を読む