迫力満点のアメリカの高校生に、気圧された留学初日

select_02_ph01

現在、アメリカ中西部に留学しています。振り返れば高校2年のとき、留学したアメリカでの初登校。あの日のことはいまだに忘れられません。早口の英語がマシンガンみたいで、全然わからない。気圧されてしまい、ろくに話ができません。1週間後、カフェテリアで初めて声をかけてくれて安堵と喜びで涙が出そうになりました。

「自分が、日本の第一印象になろう」と決めた

一人友達ができてしまえば、急速に輪が広がりました。片言の英語も、変な発音も全部さらけだし遠慮なくみんなに甘えました。正装してダンスパーティーに出る学校主催のプロムやスポーツチーム参加もいい思い出です。友情を深めていくうちに、海外の人に日本を正しく理解させるには、彼らと友達になるのが近道なんだって。

活動のすべては、自分をアメリカ人にプレゼンする場

高校交換留学を終えたら、日本の大学を受験するはずでした。でも「日本を世界にアピールする」という新しい目標ができてしまった。それならアメリカに戻るしかない。進路の変更に迷いはありませんでした。今すべての活動は、日本人としての自分をアメリカ人にプレゼンする場。そう思うと、手を抜くわけにはいかないんです。

※スマートフォンサイトではダイジェスト版を掲載しています。完全版を読みたい方は、PCサイトへアクセスしてください。
PCサイトで読む

他の「私の選んだ留学」を読む