語学学校SELCでバリスタ・トレーニング・コースに参加

ワーキングホリデービザで渡豪し、現在シドニー郊外のボンダイに暮らしています。東京でずっと勤めていた会社を退社し、最初に選んだのはカナダ、5カ月間の語学留学です。その結果、「もっと徹底的に英語を学びたい」と思うようになって。次に目を向けたのは、海外で働きながら学校に通えるワーキングホリデーでした。

ジョークが飛び交う楽しい職場で、自然と会話力が身についた

オーストラリアは、職が見つけやすく、治安が良くて、評判も良かったのが理由です。語学学校のバリスタ・コースに参加して基礎知識やマシンの操作方法をほぼマスターしてすぐに職探し。やっと見つかったカフェでの仕事は、カフェ大国オーストラリアならではのこだわりが多く、細かいオーダーに必死に応えながら働きました。

カフェでの4カ月は、私に新しい目標をもたらしてくれた

カフェで働いた期間は、楽しいばかりでなく同僚たちに刺激されて、自分の道を決めるきっかけになりました。オーストラリアには、誰もがやりたいことを存分に追求でき、それを受けとめる環境がある。今の私の目標は、オーストラリアの大学で、会計学を学ぶこと。そのため語学学校に再び戻り、大学進学準備を進めています。

※スマートフォンサイトではダイジェスト版を掲載しています。完全版を読みたい方は、PCサイトへアクセスしてください。
PCサイトで読む

他の「私の選んだ留学」を読む