国際会議での失敗が、英語トラウマになって

環境に関する技術者として東芝で働いていたのですが、これからは英語を使って海外と仕事をしなければならないよな、とカナダの専門学校KGIBCで学ぶことにしました。英語力に関しては、社内英検も合格していましたし、海外のエンジニアとも会話してきました。ですが、かつて国際学会で発表した時の失敗が悪夢のように思い出されるんです。

カレッジで最も難しいビジネスコースへの挑戦

会社も辞め、徹底的に英語をやってみようと思い、まず英語学校へ。次に専門学校の語学学校でビジネスの準備コースやスピーキングのコース、翻訳のコースも受講しました。そしてビジネスマネージメントコースに進み専門的に学びました。毎朝、自分でニュースを探してきて世界の動きを各々が説明しなければならないのです。

専門留学を経て、英語力も格段に伸びたと実感

select_01_ph03

ビジネスコースに進むには、TOEIC750以上必要ですが、英語力も格段に伸びました。帰国してからは、学んだ知識などをもとに、新たな事業を立ち上げることも選択肢の一つに入れました。それまでは技術者や研究者でないと成功できない、と思っていましたがビジネスコースに進んで、いろいろな可能性が見えてきました。

※スマートフォンサイトではダイジェスト版を掲載しています。完全版を読みたい方は、PCサイトへアクセスしてください。
PCサイトで読む

他の「私の選んだ留学」を読む