親子留学のポイント

1親と子どもが一緒に海外で学ぶ
子どもは現地の幼稚園や小学校などに通い、親は語学学校で学ぶケースが多いです。親子それぞれの方法で本場の英語に親しめます。
2異文化に触れることで、子どもの成長を促す
日本とは異なる生活、現地の人たちとの交流など、旅行では味わえない体験を通して、国際的な視野を養い、成長につなげる大きなチャンスです。
31週間の短期からOK。子どもは3歳以上が対象。
1週間~1か月といった短期から、1年ぐらいの長期まで幅広く選べます。小学生以上なら夏休みに開催されるサマーキャンプへの参加もおすすめです。

親子留学とは

親と子が一緒に留学し、英語学習や異文化体験を行うというもの。1週間の短期から行くことが可能で、英語力も問われないことがほとんど。留学先では親子がどのように過ごすか自由に決めることができ、親が語学学校などで学ぶ間、子どもは年齢によって現地の小学校や幼稚園、サマーキャンプ、 英語学校などに参加します。

親子留学ができる国

親子留学に必要な英語力

英語力については不問

語学力は不問。親が語学学校に通う場合、英語力に応じてレベル分けされたクラスで学びます。

親子留学に必要な費用

2週間で約90万円(オーストラリア)

親子留学費用には、子どもの小学校入学金、授業料、制服レンタル料、ホームステイ費用(食事付2人分)、現地での日本語を話すスタッフによる初日学校登校同校などが含まれます。

私の選んだ留学

親子留学のよくある質問

Q
親子留学とはどんな留学?
A

親子一緒に異文化体験を満喫する留学。

親と子どもが一緒に海外に滞在し、英語などを学ぶ留学スタイルです。異国で生活し、本場の英語に慣れ親しみ、現地の人たちと異文化生活にふれることが、特に子どもにとってはかけがえのない体験となるでしょう。「小さいうちから英語になじんでほしい」「子どもとホームステイ体験をしたい」「夏休みに海外の学校で学ばせたい」といった希望に沿って、最近では親子留学のプランが充実しています。
Q
子どもは何歳から留学可能?
A

3〜14歳ぐらいが対象です。

留学先の学校、プログラムによって違いますが、総じて子どもの対象は3〜14歳まで。親子留学は子どもが幼稚園から小学生ぐらいで始める人が多いようです。語学力を問われることはありませんが、ネイティブの子ども向けのプログラムでは引率者や先生からの報告もすべて英語となるため、親のほうにある程度、英語の理解力やコミュニケーション力が必要なケースもあります。
Q
どこで暮らすのですか?
A

プログラムによって色々です。

気候や治安の面で、親子留学の行き先はオーストラリアやニュージーランド、ハワイ、カナダ、イギリスあたりが人気です。親子でホームステイをして地元の人の暮らしを体験するのもおすすめですし、サマーキャンプなど滞在が中長期に及ぶ場合は、キッチンがついたコンドミニアムやホテルもポピュラーです。
Q
子どもは何を学ぶのですか?
A

現地の学校に通えるケースも。

子どもが通う学校施設は年齢によって分けられることが多く、日本の幼稚園・保育所に相当するプリスクールか小学校が一般的です。プリスクールでは外遊びをしたり、英語を学んだり、歌やダンスをしたり。半日、週2日、毎日などニーズに応じて柔軟に対応してくれるところもあります。子どもが小学生の場合、一定期間、現地の小学校に受け入れてくれる場合もあります。ネイティブの生徒たちと一緒に授業を受け、生きた英語にふれることができます。夏休み時期は、子ども向けの短期プログラム「サマースクール」「サマーキャンプ」が人気です。こうした夏休みプログラムでは、子どもは同世代の子どもたちとともに水泳、乗馬、ダンス、ゲーム、アートなどさまざまなアクティビティに参加し、自然の中で交流を深めていくことになります。外国人対象のものであれば、これに英語レッスンも加わります。すぐ定員に達する人気のプログラムもあるので、早めの情報収集をおすすめします。外国人を対象としたもの、地元のネイティブの子ども向けのものがあるので、子どもの性格や語学力に応じて選択を。
Q
親は何をしていますか?
A

語学や専門分野を学ぶこともできます。

子どもが学校やプリスクールに参加する間、親は語学学校などに通い、英語力を磨いたり、専門分野の授業を受けることができます。ときには子どもの授業に参加したり、見学したりできるよう手配することも可能です。また、スポーツやダンス、料理、小旅行など、親子一緒に行動するプログラムもあり、地域の人との交流が組み込まれている場合もあります。
Q
費用の目安は?
A

親子2人で約30万円以上が1つの目安。

費用は国や滞在方法、プログラムによってかなり異なりますが、親子2人で1週間ホームステイをした場合、2人分の学費と滞在費で約30万円が目安となります。この他に、航空料金や海外保険料なども必要となります。

費用について詳しく知る

Q
6歳の小学1年生の娘を連れて親子留学したいのですが、このような低年齢の子供でも入学できますか?
A

はい、そのような低年齢のお子様が入学できる学校もあります。

英語もできないのに…と保護者様は心配になりますが、お子様たちは英語ができなくてもコミュニケーションをとります。大人よりはスムーズに環境に適応していくのかもしれません。
Q
子供だけ授業を受けるだけというのも可能ですか?
A

はい、学校によりますが、可能です。

でも、お子様が学校に行っている間、何もしないよりは、ご自身も授業を受けられたほうが、英語力が伸びる、友達が増えるなど楽しいことがたくさんあります。
Q
親子留学で親が心がけることはありますか?
A

海外でも親子で一緒に生活されることになりますが、日本の日ごろに生活を海外に持ち込むことのないように、お子様にしっかり現地に溶け込ませることです。

Q
親1人以上、子1人以上など、家族での親子留学はできますか?
A

はい、できます。

しかし、人数によっては、滞在方法がホームステイではなく、レジデンスになることもあります。
Q
ホームステイをした場合、ステイ先で日本語を話していいですか?
A

ホームステイ先では英語で話してください。

日本語で話す場合は、必ずホストファミリーに英語で訳してあげましょう。

関連する特集を見る

毎週土曜日開催!!「留学説明会/留学基礎編・海外大学留学編」

留学基礎編:留学タイプや留学先の特徴、費用など留学全般の情報をご紹介。海外大学留学編:日本の大学受験との違いや必要な英語力、費用などのご紹介。留学に興味はあるけど、具体的にまだ決まっていない方でもお気軽にご参加いただける留学説明会です。

セミナーに関する詳細はこちら