私費留学のポイント

1希望に合った留学先を選ぶことができる
私費留学では、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスから、原則、都市と学校を自由に選ぶことができます。
2充実した現地サポート
現地事務所に常駐する日本人カウンセラーやスタッフが海外生活全般に渡りサポート。毎月、学業成績や学校での様子、健康面などをレポートにまとめ、日本にいる保護者の方に送ります。
3国内への進学だけではなく海外への進学も可能
海外で確かな英語力をつけた帰国生の8割が、英語教育や国際教育に力を入れる先進的な大学への進学を成功させています。また、海外の大学へ活路を見出すケースもあります。

私費留学ができる国

ニュージーランド

南島の自然豊かな都市クライストチャーチが留学先。新学期は2月だが4学期制で各学期に入学可能。公立・私立、男子校・女子校など多様な形態がある。

私費留学に必要な英語力

目安は学年レベル相当の英語力

現在の学年レベル相当の英語力。学業成績が平均以上であること。

私費留学に必要な費用

12カ月の場合 約332万円!(アメリカ)

留学先の国や学校によって、費用は大きく異なります。あくまでも目安となりますので、詳細はカウンセラーへおたずねください。※USドル=120円で換算しております。実際の支払いはドル建てとなります。

私の選んだ留学