語学留学のポイント

1留学プログラム人気ナンバー1の語学留学
初級者から上級者まで、語学力を磨くのを目的としているのが「語学留学」。様々な語学学校やコースから選ぶことができる。
2英語力は不問!語学学校は誰でも入学可能!
語学学校には、初心者を対象とするコースもあり、語学力を問わず、誰でも入学できる。
3留学期間は1週間〜1年以上。自由に設定可能です!
長い休暇が取れなくても、1週間から留学可能。1年程度の長期留学を考えている方は、英語資格コース、インターンシップ、大学学部聴講など語学以外のプラスαもおすすめ。

語学留学とは

本場で英語力を伸ばすことを目的とした、もっとも人気の高い留学。現地では英語を母国語としない人を対象とした語学学校に通います。「とにかく、海外体験してみたい!」という人にも、おすすめです。

語学留学ができる国

語学留学に必要な英語力

語学力は不問

語学力は不問で誰でも参加できる。初心者から上級者までレベル分けされたクラスで学びます。

語学留学に必要な費用

4週間で50万円(オーストラリア)

期間や行き先によって金額はかなり変わります。予算に限りがある場合、物価の安い国、エリアを選ぶ、またはレッスン数を調整することなどで、ある程度費用を抑えることも可能です。

私の選んだ留学

語学留学のよくある質問

Q
語学留学とはどんな留学?
A

本場で英語を学ぶ、一番人気の留学。

英語を母国語としない人に英語を教える「語学学校」に通い、語学力を磨く語学留学。「とにかく本場で英語を学びたい」という日本人にとって、もっとも人気の留学スタイルです。初心者を対象としたコースもあり、英語力は問われません。成功のポイントは、自分の目指すゴールをはっきりさせ、それに合う学校やコースを選ぶこと。「短期間だけ、海外生活を楽しみながら、プラス語学の勉強も」という気楽さで通うことも可能ですし、将来的に大学留学や就職活動などを目指してスキルアップしたい人にとっても、語学留学は最初のステップになるでしょう。
Q
語学学校にはどんなタイプがありますか?
A

私立に大学付属、規模も個性も色々。

語学学校は、私立運営と、大学(もしくは専門学校)運営の2つに大別されます。それぞれのタイプに立地や個性があるので、自分の希望と照らし合わせながら選ぶことができます。
Q
語学学校の「レベル分け」について教えてください。
A

初日のテストでレベル判定します。

語学学校では初級から上級まで、いくつかのレベルにクラス分けされていて、その基準は学校によって異なります(サンプル参照)。通常、通学初日に「プレイスメントテスト」と呼ばれるレベル判定テストが行われ、筆記試験や面接の結果によってクラスが決定。実際の授業で「簡単すぎる」「難しすぎる」と感じた場合、クラス替え、レベル替えの相談に応じてもらえます。
Q
カリキュラムや授業の様子について教えてください。
A

実践的なコミュニケーション力向上に重点。

通常、文法、リーディング、スピーキングといった科目に分かれています。私立の語学学校は、英語でのコミュニケーション力向上に重点を置くコースが中心。中級や上級からは新聞読解、政治や社会問題のディスカッションなどが含まれることも。先生は外国人への英語教授法のトレーニングを受けたネイティブスピーカーで、フランクなつきあいができます。1クラスは7〜15人程度、クラスメイトは世界各国から集まる留学生ですが、中級下のレベルに日本人の割合が高い傾向があります。授業時間数については、週20レッスンで授業は午前中のみ、週30レッスンなら朝から夕方までなど、留学前に自分で選択して決めることとなります。
Q
語学学校の「アクティビティ」について教えてください。
A

異文化体験&交流のチャンスです。

私立の語学学校の多くは、放課後や週末にアクティビティを企画・実施しており、その内容はスポーツ、映画鑑賞、パーティー、小旅行などバラエティに富みます。他のクラスの学生や先生と会話をし、友達を増やす絶好の機会で、個人で出かけるより参加費が安くすむ場合が多いので、ぜひとも利用したいもの。また、ハロウィンやセントパトリックデーなど「海外の人に伝統文化を知ってほしい」と地域性をいかしたイベントが組み込まれるケースも多く、日本では味わえないレアな体験が期待できます。学校のウェブサイトで月ごとのアクティビティを公開しているところもあるので、チェックしてみましょう。
Q
留学中はどこに滞在するのですか?
A

短期ならホームステイか寮がおすすめ。

留学生の滞在スタイルにはホームステイ、寮、アパート(借家)があります。短期の滞在であれば、1日も早く現地生活に適応し、英語でのコミュニケーションに慣れるためにもホームステイがおすすめ。大学付属の語学学校ならば、寮暮らしもいい体験になるでしょう。長期の留学では、最初の期間をホームステイで過ごし、その後、留学生や現地の人と共同生活を送るアパートシェアに移行するスタイルがポピュラーです。
Q
英語以外にできること(勉強や体験)はありますか?
A

学校によって異なる「語学+α留学」。

英語力を伸ばす目的の「一般英語コース」以外にも、多くの語学学校がさまざまな選択授業やオプションを提供。「英語で興味のある分野を学ぶ」ことで、教養やスキルを身につけるほか、英語力そのものも伸びていくという効果があります。TOEICやTOEFLなど英語力検定試験の「+試験対策」、書類作成やPCスキル、ビジネス英語を学ぶ「+ビジネススキル」、海外で働く経験ができる「+インターンシップ」は、就活やキャリアに役立てたい人向け。大学のキャンパス内にある学校では、上級者を対象とした「+大学聴講」も。ネイルアートやフラワーアレンジメント、コーヒーをサーブするバリスタなどのユニークなコースもあります。
Q
費用の目安は?
A

現地の物価、レッスン数に比例します。

語学留学にかかる費用は、授業料、滞在費、ビザ申請料金、航空料金、海外留学保険料など。滞在先の国や都市、留学する時期や滞在期間、滞在方法や学校によって変わります。私立の語学学校の場合、レッスン数が多いほど授業料は高くなります。

費用について詳しく知る
Q
ヨーク国際留学センターの推奨校とはどんな学校ですか?
A

学校との連携を深め、留学サポートを充実。

「推奨校」とは、充実した留学サポートを行うことを目的にヨークとの連携を深めた語学学校7校です。
具体的には、留学後に現地学校スタッフと面談を行い、英語力などの課題や目標に関するアドバイスが受けられます。
「推奨校」には推奨マークがついています。

「推奨校」について詳しく知る
Q
なるべく日本人が少ない学校に留学したいのですが、どのような学校が少ないですか?
A

人気のない田舎町を選択するなど工夫する必要があります。

日本で人気のある都市、例えば、ニューヨーク、バンクーバー、ロンドンなどは日本人も多く留学しています。あえて、人気のない田舎町を選択するとか、日本人が少ない時期、つまり夏休みの時期やGWを避けるとか工夫するといいかもしれません。学校によって国籍別比率を発表しているところもあります。ヨークの留学カウンセラーに相談してみてください。
Q
ゴールデンウィークが全社的に休みになるので、1週間ですが留学しようと思っています。1週間の留学でも留学する意味はありますか?
A

短期間でも大いに意味があります。

1週間でも異文化体験はできますし、英語漬けにすることで英語を話し自信にもつながります。 バンクーバーの学校に1週間留学した人に、留学して何がよかったか?と聞いたところ次のような答えが返ってきました。①英語を話すことに違和感がなくなった。②日本で出会うこともない国の人たちといい友人関係を作れた。③自分はやっぱり将来海外で仕事をしたいと、目標が明確になった。
Q
英語が初心者なのですが語学留学できますか?
A

はい、できます。

学校入学時には、各個人の英語レベルチェックがありますので、自分の英語力に合わせたクラスで勉強できます。
Q
スピーキング力を強化したいのですが。
A
語学学校にはスピーキングを中心としたコースやスピーキングを強化する選択授業等がありますので、学校の特徴をよく知り、目的にあった学校選びをしましょう。
Q
1年間の留学で英語はペラペラになりますか?
A

学校の授業だけに頼っていては英語は上達しません。

長期留学の場合、学校の授業だけに頼っていては英語は上達しません。インプットした英語をアウトプットできるよう、留学の予定をしっかり立てましょう。
Q
最短何日から行けますか?
A

1週間から参加できます。

関連する特集を見る

毎週土曜日開催!!「留学説明会/留学基礎編・海外大学留学編」

留学基礎編:留学タイプや留学先の特徴、費用など留学全般の情報をご紹介。海外大学留学編:日本の大学受験との違いや必要な英語力、費用などのご紹介。留学に興味はあるけど、具体的にまだ決まっていない方でもお気軽にご参加いただける留学説明会です。

セミナーに関する詳細はこちら