高校交換留学のポイント

1約10ヵ月間、ホームステイをしながら現地の高校に通う
異文化交流を目的として、“留学団体から世界各国の公立高校に派遣される”形で留学します。現地ではその国の生徒と同じように勉強したり、クラブ活動などに参加します。
2授業料と滞在費はほぼ無料
現地の公立高校の授業料とホームステイ費用は免除となりますが、プログラム運営費用と往復航空運賃などがかかります。目安は約162万円です(2014年度実績)。
3出発の約1年前からの準備が必要
交換留学をするには、出発の約1年前にはプログラムに申し込み、筆記と面接の選考試験を受けて合格する必要があります。また、留学地域と学校は留学団体によって指定されます。

アメリカ公立高校交換留学の仕組み

高校交換留学に必要な英語力

目安は学年レベル相当の英語力

現在の学年レベル相当の英語力。学業成績が平均以上であること。

高校交換留学の費用

9カ月で約150万円!(アメリカ)

プログラム費用には、管理・運営費、選考試験料、現地受け入れ団体諸経費、渡航前準備教育費、渡航前研修及びオリエンテーション、留学中のサポート費用、帰国後の進路相談とフォローアップセミナーが含まれます。

私の選んだ留学