トップへ戻る
現在地
ワーキングホリデー ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーのポイント

  1. 到着直後は、友達を見つけて、情報をゲット!

    ワーホリビザで語学学校に通える期間は国によって異なる。到着直後は英語力を磨くだけでなく、友達を見つけて、シェアハウスや仕事情報をゲット!

  2. 英語力初級の人は都市部を狙おう!

    都市や観光地には、日本食レストランなどのような英語力が高くなくても比較的つきやすい職場が豊富。

  3. 英語力中級以上の人は、地元企業にチャレンジ!

    英語で不自由なく意思疎通できるレベルの人は、地元企業が主宰するインターンシップなどにチャレンジしてみよう。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーの光景

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アイルランド、イギリスなどで実施されています。国ごとに制約はあるものの、18歳~30歳の若者が対象。飲食店やファームなど好きなところで働いたり、語学学校に通ったり、旅に出たり、さまざまな体験ができる自由度の高さが魅力です。

オススメのプログラム

SELCバンクーバー校

日本人の少ない有名リゾートホテルで有給の仕事ができる
英語コース(最大4ヶ月)+リゾートホテルでのワーホリ(最大6ヶ月)
カナダ
バンクーバー
セルク カナダ、バンクーバー校
入学日 毎週月曜日 入学年齢 18~30歳
滞在方法 ホームステイ、
アパートメント
クラス平均人数 約12人
この学校の詳細はこちら

ワーキングホリデーができる国

ワーキングホリデーに必要な英語力

英語力を身につける本

語学力は不問

語学力は不問。語学学校で学ぶことも可能。

ワーキングホリデーの費用

4週間で約45万円!(ニュージーランド)

ワーホリで海外に渡っても、英語に慣れることと友達づくりを目的に語学学校に通う人は少なくありません。留学生仲間から得られる安い滞在アパートや節約法などの口コミ情報も貴重!

ワーキングホリデーの留学体験談

私の選んだワーキングホリデー

ワーキングホリデーのよくある質問

Q1ワーキングホリデーとはどんな留学?
Q2参加条件は? 
Q3どのぐらい滞在できますか?
Q4どこで学ぶのですか? 
Q5どんな職場で働けますか?
Q6どこで暮らせますか?
Q7費用の目安は?
Q7ワーキングホリデーをして就職に役立ちますか?
Q7仕事はどのように見つけたらいいですか?
Q7レストランではなくて、オフィスワークをしたいのですが、英語力はかなり必要だと言われました。どのくらいの英語力が必要ですか?
Q7ワーキングホリデーをして就職に役立ちますか?
Q7お金は稼げますか?
Q7仕事はすぐに見つかりますか?
Q7学校には行った方がいいですか?
Q7ワーキングホリデーができる国はどこですか?

こんな特集もおすすめ