「トビタテ!留学 JAPAN 日本代表プログラム」は2014年よりスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生をこのプログラムの派遣留学生として送り出す計画で、授業料・現地活動費・渡航費などの奨学金を受けられるなどといった、若者の留学を応援する国家プロジェクトです。「トビタテ!留学 JAPAN」の概要について、これまでの私たちの経験を踏まえながら分かりやすくご説明します。

トビタテ!留学JAPAN のここが知りたい

どんな生徒が応募できる?

日本に国籍があり永住を許可されている高校生すべてにチャンスがあります。ただし、事前や事後の研修と留学生ネットワークに参加する必要があります。その他にも、ご家庭の収入の基準、帰国後も継続して在籍する高校へ通学し、卒業を目指す高校生であることなどの条件もあります。さらに他の団体などから留学の奨学金を受けている場合などの条件もありますので、応募してみたいと思う人は早めの相談をおすすめしています。

募集している留学内容は?

内容は、アカデミック、プロフェッショナル、スポーツ&芸術、国際ボランティアと大きく4つの分野に分かれます。渡航先の国や地域は自由に選ぶ頃ができ、これらの分野に応募した学生の中から数百名(第2期生実績:500名)の代表が選抜されます。特に募集人数が多いのはアカデミックの分野で、テイクオフ、ショート、ロングと3つのカテゴリーに分けられています。テイクオフは英語など語学を学ぶ留学で2週間〜3週間まで。ショートとロングとは、海外の高校などに留学し、外国語を用いて科目(専門分野を含む)を学ぶ留学を指します。

分野名 活動 留学期間
アカデミック テイクオフ 海外の語学学校で異文化交流 2〜3週間
ショート 海外の高校や大学等で外国語を用いて様々な科目を学修 2週間〜
3ヶ月
ロング 海外の高校などに長期留学し外国語を用いて様々な科目を学修 4ヶ月〜
1年
プロフェッショナル 観光、調理等のキャリアカレッジでの学修、農場などでの実地研修、インターンシップなどに参加 2週間〜
3ヶ月
スポーツ・芸術 スポーツや芸術を学ぶ学校に通い、技量向上を目指す
国際ボランティア ボランティア活動の参加や国際協力について学修
(チャイルドケア、病院ボランティア、環境保護、動物ボランティア、赤十字ボランティアなど)

※ヨーク国際留学センターでは、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス(5ヵ国)の英語圏でご紹介しています。

どんな支援が受けられる?

代表に選ばれた生徒には、事前と事後の国内研修への参加費のほか、留学期間と留学先地域に応じた奨学金(授業料、現地活動費、往復の渡航費)が支給されます。こういった総額金は、このプログラムに参画している企業などからの寄付金でまかなわれているのです。こうした社会的支援を受けて留学を経験した学生が、将来さまざまな分野においてリーダーシップを発揮し日本を支えるグローバル人材となることを期待して、このようなプログラムが実施されています。

スケジュール

審査の流れは?

審査は、書面と面接の2段階で行われます。生徒は、在籍する高校を通じて、申請書類(留学計画)を日本学生機構に申請。書面審査の結果通知は、高校に通知されます。また合格者には、その次の面接審査の案内も通知されます。面接審査は、全国いくつかの指定地域で行われますが、審査会場までの交通費は自己負担となります。最終結果の通知も高校に通知されるほか、このプログラムに関する手続きや質問なども、在籍の高校を通じて行います。

書類検査 書類検査の合格通知 個人・グループ面接 合格発表

留学計画書作成のポイントは?

応募申請でもっとも重要なのは「留学計画書」の作成です。この計画書は、留学内容の妥当性や実現の可能性を判断するもので生徒自身で作成しなければなりません。作成のポイントは、①留学の目的が明確で、留学に対する意欲を持っているか、②目的を達成するために適切な「留学先」「留学期間」「授業や課外活動」になっているか、③自分で計画した実践的活動や日本の良さを発信するアンバサダー活動が盛り込まれているか、④留学で得た成果を将来活かす計画があるか、帰国後、海外の魅力や留学で得た経験をまわりに伝えるエヴァンジェリスト活動が計画されているか、などといえるでしょう。

「トビタテ!留学JAPAN 」
ヨーク国際留学センターの個別支援

ヨーク国際留学センターでは、「トビタテ!留学JAPAN/高校生コース」第1期生より、高校生を支援し、合格者の留学サポートをしてきました。応募してみたいけど、どんな留学があるかわからない、自分にあった留学プランが見つからないなど、悩んでいる高校生とともに、ヨーク国際留学センターでは、文部科学省の要項に沿って、学生一人一人の希望の応募分野はもちろんのこと、それ以外の分野にも、将来の目的や研究内容、アンバサダー活動などの環境も加味した上で、安心で安全なプログラムのご紹介を行っています。最も重要な「留学生計画書」についてアドバイスいたします。ご関心のある高校生および保護者の方はぜひご相談ください。

トビタテ!留学JAPANについて

電話で聞いてみる 0120-115-589 メールで聞いてみる 会って相談してみる

トビタテ!留学JAPAN 体験談

2016年

【オーストラリア・ブリスベンへ留学】

SNSを使った防災対策を、世界的に有名な
ブリスベンのチームに学ぶ留学

(渡邊 力さん・兵庫県在住・高校2年生)

【オーストラリア・シドニーへ留学】

語学研修、ホームステイで英語力もアップ。
バレエ団のオープン教室でレッスンを体験

(秋山 ゆいさん・東京都在住・高校3年生)

【アメリカ・ラスベガスへ留学】

ラスベガスやグランドキャニオンを撮影。
写真の授業を通じて交流を広げ、英語を学ぶ

(永田 彩乃さん・愛知県在住・高校2年生)

2015年

【カナダ・バンクーバーへ留学】

カナダ人作家の小説を翻訳してみて、
文化や言葉の違いを浮き彫りに。

(池田 賢斗さん・兵庫県在住・高校1年生)

【ニュージーランド・オークランドへ留学】

50ヶ国もの留学生が集まる高校に留学。
「津軽弁」をプレゼンテーションしました。

(白戸 裕子さん・青森県在住・高校2年生)

【カナダ・バンクーバーへ留学】

音楽と英語を使ってコミュニケーション、
留学先でみんなと、カナダ国歌を歌う。

(野々垣 諒さん・京都府在住・高校2年生)

トビタテ!留学JAPAN 担当カウンセラー

トビタテの「留学計画書」のことで迷ったら、いつでも私たちにご相談ください。

留学カウンセラー 武井由美子

高校生のお役に立てて嬉しく思います。将来どんな風になりたくて、今の自分は何ができるのかを明確にしていくことがとても大事です。その目的を達成できる環境や国、プログラムを企画提案させていただきます。

留学カウンセラー 小浜枝美

大切なのは、他の誰でもなく、みなさん自身からうまれるオリジナルな企画です。難しく考えずに、まずは、ご自身の趣味や特技を含めた今ある環境の中から、“私”にしかできないことを考えてみて下さいね。後はやりたい情熱をつたえること!

トビタテ!留学JAPANについて

電話で聞いてみる 0120-115-589 メールで聞いてみる 会って相談してみる
ページトップへ
ページトップへ