トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2018/11/5 Mon.

世界幸福度ランキングの発表

  • 豆知識
  • スタッフ
画像

今年3月14日、国連が『世界幸福度ランキング』を発表しました。
「所得」「健康と寿命」「社会支援」「自由」「信頼」「寛容さ」などの要素を基準にランク付けされているようです。国連156ヶ国の順位で、各国1,000人ほどで調査をしたようです。
果たして日本は何位だと思いますか?
日本はとても豊かな国で物に溢れています。飢え死にする人もあまり聞きませんし、コンビニがあるとても便利な国ですよね。当然順位が高いはずです。おそらく・・・。

ではベスト10です。

第1位:フィンランド
第2位:ノルウェー
第3位:デンマーク
第4位:アイスランド
第5位:スイス
第6位:オランダ
第7位:カナダ
第8位:ニュージーランド
第9位:スウェーデン
第10位:オーストラリア

留学先として人気のカナダ、ニュージーランド、オーストラリアが入っています。国民が幸せと感じる国、ぜひ長期滞在、あわよくば移住したいですね。

続いてベスト11~20です。

第11位:イスラエル
第12位:オーストリア
第13位:コスタリカ
第14位:アイルランド
第15位:ドイツ
第16位:ベルギー
第17位:ルクセンブルク
第18位:アメリカ合衆国
第19位:イギリス
第20位:アラブ首長国連邦

ここには、アイルランド、アメリカ、イギリスが入っています。主な英語圏の留学先がすべてランクインされましたね。
これらの国に留学にすれば、人生を豊かにするヒントが見つかるのではないでしょうか?特にホームステイをするとそのヒントが見つかるかもしれません。

ちなみに日本は・・・54位です。低いですね。
一生、54位の国で生活するより、幸福な国に1年間長期で滞在するだけでも価値があると思います。
私が海外出張する際、日本に帰国して思うことは、日本はすべてのことがスムーズにいくことが当然で、少しでもそれが崩れるとイライラしてしまうことです。例えば、電車が少し遅れたら、イライラ。買い物に行き、従業員が自分の想像する対応をしなければイライラ。買いたいものが売っていなければイライラ。これじゃあ幸福ではないですね。

また、日本人は周りの目が気になってしょうがないことです。これは日本が平和であり、秩序がある国を保てている理由でもあるので、悪い意味だけではないのですが、学校の成績、就職、結婚、子供のことなど、自分の意思より周りがどう思うかばかり考えて疲れてしまいます。これが幸福を妨げていると思います。
留学をすることで視野が広がり、生き方が変わります。留学のメリットのひとつです。

参照元:国連「世界幸福度報告書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加