トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2018/8/13 Mon.

アメリカで驚いたこと

  • 現地生活
  • スタッフ
  • アメリカ
画像

私がアメリカへ行って驚いたことは、アメリカのサイズ。アメリカでは何でもとにかく大きい!!家、ショッピングモール、食べ物、車、道路など、とにかくなんでも大きいです。

例えば、スーパーなどで売っている食材やレストランで出てくる料理の大きさにも驚かされました。スーパーで売っている牛乳が1ガロン(3.78リットル)だったり、鶏が丸々1羽で売られていたり、アイスやスナックなど全てがビックサイズ。
またサイズばかりでなく、ボリュームにもびっくり。レストランの前菜がメイン料理ほどの量だったり、出てきた食事の量が日本の倍くらいあったりします。アメリカ人はみんなこんな量を食べているのかと思いましたが、流石に女性はそこまで食べないようです。

アメリカのレストランでは残った物を持って帰れるので、残った場合はボックスを貰って家に持って帰ります。「I’d like to take this home.」と言えば、店員さんが箱を持ってきてくれます。
また、ソフトドリンクがリフィールフリーといって、「Can I get a refill?」と言えば、基本的におかわりが何度でも無料でできるようになっています。「レッドロビン」というハンバーガーのレストランは、ポテトのおかわりが何度でも無料でできて、ハンバーガーも美味しいので、機会があれば行ってみてくださいね!!

そして、もう1つアメリカで驚かされたのは、車での移動距離。広大なアメリカでの交通手段は車。アメリカでは16歳から免許が取れるので、高校生になれば車で通学している子も多いです。旅行で12時間かけてのドライブや、飛行機で隣の州へ車を買いに行き、その車で6時間かけて戻ってくるのは、アメリカ人にとっては普通のこと。
私もメリーランドからフロリダへ車で12時間かけて行ったり、コロラドからニューメキシコへ7時間かけて行ったりしました。コロラドからニューメキシコへ行った時は、友達と交代で運転して行ったのですが、その時のどこまでも続く道の景色や、その時に行ったニューメキシコ州のホワイトサンズ国定公園の純白の砂漠の景色など日本では見られない景色にはとても感動しました。

今年の夏休みなどに留学で初めてアメリカに行かれる方は、きっと私のように文化の違いに驚かされると思います。

◎アメリカの留学>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加