トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2017/12/11 Mon.

ホームステイの体験談から考えるジュニア留学とは?

  • 現地生活
  • 留学生
画像

12月に入り、来年の夏のジュニア留学をご検討される時期になりました。今年の夏に留学された中・高生の中からホームステイ体験談を2つご紹介します。

A.Iさん(15歳/バンクーバー)
滞在先から学校まで、一人でバスを乗り継ぎするのが大変で不安でした。英語がわからないので、ホストファミリーが学校まで連れて行ってくれればいいのに、って思いました。海外の家の部屋は広いかと思っていたら自分の部屋は意外と狭かったです。食事は大味であまり美味しくなく、量ももっと欲しかったと思いました。
英語で会話をしたかったのにあまり話しかけてくれなくて・・・。ホストファミリーってもっと話しかけてくれたり、どこかに連れて行ってくれたりするのかと思っていました。

S.Hさん(15歳/バンクーバー)
ホームステイとても楽しかったです。最初は大変でしたけど自分から進んでどんどん話しかけたら少しずつ仲良くなって、良かったです。日本の英会話学校の先生と違い、愛想を振りまいたりはしてくれないですが、自分の力で仲良くなれたと実感できました。料理も日本では食べないような味の料理が食べられたし、食事の量が少ない時はお願いして増やしてもらいました。
海外では自分でしっかり伝えないと何も変わらないんだと実感でき、海外でしか学べないことだと思いました。 また学校まで自分で一人で行かなくてはいけないのは不安でしたが、わからない時はいろんな人に道を聞きながら学校に行くという経験もでき、とても勉強になりました。

S.H.さんはまだ中学生ですが、とても柔軟性がありポジティブな生徒様でした。 一方、A.Iさんは、自分から行動するのではなく、相手が「~してくれない」と不満を持つだけでした。 同じ環境でも受け取る印象が異なります。
未成年のホームステイは難しいところもあります。自己主張しなくてはいけなかったり、海外の文化の違いを受け入れなくてならなかったり。滞在方法はホームステイだけではありません。ホームステイに不安のある人は寮滞在という選択もあります。寮では世界中から来ている同年齢の人達と一緒に生活することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加