トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2017/11/20 Mon.

オーストラリアのワーキングホリデー体験記① ~留学決断編~

  • 基礎知識
  • スタッフ
  • オーストラリア
画像

「ワーキングホリデー」という留学を知っていますか?

「ワーキングホリデー」通称「ワーホリ」とは、18~30歳の若者だけができる留学で、このビザを取得することにより、協定国で滞在しながら、勉強も、仕事も、旅行もできるといった、まさに何でもありの「黄金のビザ」なんです。

私は、大学在学中に認定留学としてフランスに留学したことがあります。社会人になってから、20代中頃の転職の間にどうしてももう一度留学がしたく、3ヵ月間フランスに短期留学した後、フランス語だけでなく、やはり世界共通語である英語を身につけたいと思い、すぐにワーホリビザを取得して、オーストラリアにワーホリに行きました。

なぜ学生ビザでなくワーホリビザを選んだかというと、理由は2つ。学生の頃とは違い、自分で留学費用を全額負担していたので、金銭面的に留学費用を抑えたかったことと、帰国後の就職につなげるために海外で就業してみたかったから。

また、留学先を選ぶ理由は人それぞれだと思います。学びたいカリキュラムを扱っている学校がある、小さい頃から憧れていた都市だったなどなど。私の場合は、物価や国民性、治安、時差、気候などを考慮し、オーストラリアのケアンズを留学先に選びました。

フランス留学へ行く時には、既にその後すぐにオーストラリアへワーホリに行くことは決めていたので、学校と滞在、航空券は早めに手配しました。

旅行に行く際、旅行会社や航空会社で早割があるように、留学計画も早めにおこなった方が希望の学校に入学でき、滞在先も決まって安心、航空券も安く選べてオススメですよ!

今回は「ワーキングホリデー体験記①~留学決断編~」をお話しました。次回は、「留学前準備編」をお届けします。

◎ワーキングホリデーについてはこちら>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加