トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2017/8/21 Mon.

留学中の旅行日記 ~アイルランド編~

  • 海外情報
  • スタッフ
  • アイルランド
画像

以前より、イタリア編、モナコ・スイス編とご紹介している「留学中の旅行日記」。
今回は、アイルランド編です。

私がフランス留学中、友だちにバケーションを使ってアイルランドに行こうと誘われました。「何でアイルランドなの?」と友だちに聞くと、「何となく。」というふんわりした返事・・・。私自身アイルランドへ行こうと思ったことはなかったのですが、コレを逃すと行くことはないかもしれない未知の国だったので、二つ返事でOKしました。

そして、アイルランドへ出発の日。飛行機が飛ばない・・・。天候の影響でフライトキャンセルが相次ぎ、終日空港で待ちましたが、結局アイルランドへ出発することは出来ませんでした。次の日もその日に行けなかった渡航客でパンク状態だったので、やむを得ずアイルランド行きを断念しました。

アイルランドへ行くことなく、その後フランス留学は続いたのですが、留学も終盤に近づき、学校の授業も終了し、最後に色々と旅をしようと計画しました。そうなってくると、以前行けなかったアイルランドが思い出され、この機会を逃すといよいよ行けなくなるのではと意地でも行きたくなり、アイルランドを旅先の一つとして計画しました。

そして無事、アイルランドの首都、ダブリンに足を踏み入れることができました。
まずは、アイルランド人の訛りの強い英語に驚きました。ただでさえ片言の英会話しかできないのに、強いアクセントで知っているはずの英語も聞き取れず。でも、英会話が完全に聞き取れなくても旅は楽しめるものです。

ユースホステルで一緒になった日本人の若者から情報を聞いて、ダブリンからのミニバスツアーに参加しました。アイルランド人のおじちゃんが運転手兼ガイドを務め、陽気なアイリッシュ音楽を流しながら、10~15名くらいで観光地を巡るもの。途中の休憩タイムでは、おじちゃんがコーヒーと紅茶、クッキーをセットしてくれてみんなでほっこりする時間を過ごしました。中でも覚えているのが渓流の色。ギネスビールと同じ色をしていたんです!さすがギネスビールの国!と思いましたが、もちろんギネスビールが流れているわけではなく、地質的なもので赤く見えたようです。

ダブリンの街中も散策し、もちろん、夜には念願の本場ギネスビールも味わいました!若い私には、とっても苦く大人の味でしたね。一番の驚きは、なんとダブリンの街中で高校時代の同級生にばったり遭遇!!日本でも会わないのに、異国の地アイルランドで会うなんて!世の中狭いですね。。
そんなこんなで3泊ほどの短い滞在でしたが、アイルランドをとても満喫できた旅でした。
やっぱりあの時、チャンスがある時にアイルランドを訪れていて良かったです。
留学中に時間とお金に少し余裕がある方は、留学先の近隣諸国へ足をのばしてみるのもいいかもしれませんよ。

◎アイルランドの留学はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加