トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2019/8/26 Mon.

きれいな英語を学びたいと希望する人へ

  • 基礎知識
  • 英会話
  • カウンセリング
画像

「きれいな英語を学びたいので、どの国に留学するのが一番いいですか?」という質問を受けることがあります。結論から言うと「どの国でもいい」となるのですが、少し説明しましょう。

日本の学校で習うのはアメリカ英語なので、イギリス英語は聞き取りにくいという人もいます。アメリカ英語といっても南部には南部訛りが、ニューヨークにはニューヨークの訛りがあります。
オーストラリアは「ei」を「ai」と発音する独特の訛りがあります。あえて、訛りが少なく聞き取りやすい英語というとカナダでしょうか。

しかし、これからのグローバル化社会で英語を使って仕事をしたり、生活したりしたいと思っている人は、おそらく、いろいろな訛りの英語を聞くことになります。アジアの国と仕事をしようとすると、インド訛りやフィリピン訛り、中国訛りの英語を聞くでしょう。ヨーロッパの国々なら、フランス訛りやイタリア訛りの英語も。アラビア語訛りの英語に出くわすこともあるかもしれません。

TOEFLのリスニングやスピーキングの設問では、アメリカ英語だけでなく、イギリス英語やオーストラリア英語をあえて入れています。いろいろなアクセントの英語を聞き取れることが必要という考えからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加