トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2019/8/5 Mon.

オーストラリアのワーキングホリデー体験記⑭~番外編Ⅱ~

  • 海外情報
  • 現地生活
  • スタッフ
  • オーストラリア
画像

自然の宝庫、オーストラリア。今回は、「番外編Ⅱ・行きたかったけど行けなかった名所」をお話しします。

・エアーズロック山頂
先にもお伝えしたとおり、エアーズロックには行ったのですが、登山条件が整わず、登れませんでした。登山可能になる確率は、結構低いことを知っていたので、2日間滞在しました。一見、地上は何も問題ないのですが、山麓付近になると風が強く、夢叶いませんでした。
以前よりアボリジニーの聖地であるため、登山が禁止になると言われ続けてきましたが、とうとう今年本格的に禁止になるようです。

・ホワイトヘブンビーチ
グレートバリアリーフの中心に位置し、世界で最も美しいビーチのひとつ。エメラルドグリーンの海の色と、シリカ成分98%で細かいパウダーのような、世界で最も白いと言われる砂がマーブルのように混ざり合った光景は、写真でひとめ見ただけでも感動する美しさ。ぜひ上空からその絶景を眺めてみたいと思いました。

・タスマニア
自然大国であると同時に、動物大国のオーストラリア。コアラやカンガルー、ウォンバットなどオーストラリアの固有動物が多数います。野生の動物も多いですし各地に動物園もあり、色んな動物を見ましたが、見損ねてしまったのが絶滅危惧種のタスマニアデビル。黒熊のような黒猫のような容姿。鋭い歯を持ち、肉だけでなく骨まで噛み砕いてしまうほど噛む力があるそうです。

・モーニンググローリー
行きたかったというか、人生で一度見て見たい雲。クイーンズランド州のバークタウンという町で、最も良く観測されます。巨大なロール状の雲で、私は個人的に切る前のバームクーヘンのようだと思っているのですが、雲の長さは最大1,000km、最大60km/hの速さ。海風と陸風が衝突してできる前線により発生し、気流で雲の上に乗ることができるので、グライダー乗りがモーニンググローリーを求めてバークタウンを訪れるそうです。
以前このモーニンググローリーを追い求めるグライダーたちのドキュメント2時間番組が放送されていたのですが、発生を予測することが難しく、何日も何週間もトライして、大型のモーニンググローリーに出会えるかどうかというグライダーたちの追求。男の浪漫を感じました。

次回は、いよいよ「Final編」です。

◎ワーキングホリデー特集はこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加