トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2019/7/16 Tue.

オーストラリアのワーキングホリデー体験記⑬~番外編Ⅰ~

  • 海外情報
  • 現地生活
  • スタッフ
  • オーストラリア
画像

オーストラリアは、日本の20倍の土地の広さで、本当に自然の宝庫!
今回は、「番外編Ⅰ・行ってよかった名所」をお話します。

・エアーズロック
世界的に有名な一枚岩で、オーストラリアの先住民アボリジニーの聖地。この「エアーズロック」やいくつもの岩山「カタ・ジュタ」があるウルル-カタ・ジュタ国立公園は、サバンナ地帯になっており、夏は40度を越える日も多く、湿気が少ないので、日中の外はサウナ状態です。しかし暑いからといって、半袖を着ていると日焼けし過ぎて、やけどをしてしまいそう。
そんなサバンナの中に堂々とたたずむ「エアーズロック」は、まさに圧巻で、パワースポットとも呼ばれています。特にサンライズやサンセットは、エアーズロックが真っ赤に染まったり、煌々と照らされて神秘的な光景です。

・グリーンアイランド
ケアンズから最も近いグレートバリアリーフに浮かぶ島「グリーンアイランド」。
美しい白浜と青い海に囲まれ、ビーチに何時間いても癒されます。スキューバダイビングをしなくてもシュノーケリングで、充分に綺麗なサンゴ礁と熱帯魚を見ることができ、また島の内部に行けば熱帯雨林が生い茂っているので緑の自然を満喫できます。

・フリーマントルのビーチ
オーストラリア・第4の都市パースから、電車で約30分のところにある街「フリーマントル」。街中には、マーケットがあり、フレッシュな野菜やフルーツ、オーガニック商品などが並び、賑わっています。その街にあるインド洋に面した真っ白な浜辺と、青い海。インド洋を訪れること自体が初めてで、ビーチの美しさにとても感動しました。大都市から少し足を伸ばした地元の人で賑わう穴場スポットです。

・マーガレットリバーの空と海とカンガルー
パースから南西へバスで約4~5時間の小さな町「マーガレットリバー」。町中で唯一栄えるストリートは30分位で通りきってしまうほど。それくらい何もない町だからこそ存在する澄んだ空、青い海、野生の動物たち。日本で生活していては見られない景色です。
天気がいい日の夜空は毎度のように見えるミルキーウェイと無数の流れ星、サーフィンの世界大会開催地に選ばれるような3方面からくる複雑な波がありながらも、青々とした海、走っていた車が急に徐行したり止まったりした時には、横を並行して走っていたり、道路を横断する野生のカンガルー。
小さな田舎町なので、なかなか訪れる機会はないかもしれませんが、もしも時間があってオーストラリアを周遊することがあれば、ぜひ訪れて欲しいです。

次回は「番外編Ⅱ・行きたかったけど行けなかった名所」をお話しします。

◎ワーキングホリデー特集はこちら>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加