トップへ戻る
リアルな情報をお届け! カウンセラーブログ

2018/12/25 Tue.

女子必見!海外にはない?持っていくと便利なグッズ

  • 豆知識
  • 現地生活
  • スタッフ
画像

年越しに向けて一気に冷え込んできましたね。冬休み、年明けに留学を控えている方が多いと思います。今回は私が留学で持って行って良かったと思うグッズをご紹介します♪

<使い捨てホッカイロ>
日本人にはお馴染みのホッカイロ。パッケージを開けて、シャカ!っと振ると暖かくなる日本の冬には必需品のホッカイロ。海外ではホッカイロは売っていません。カナダやアメリカ北部の冬はマイナス20度になります。
寒空の中、街を歩いている時に外国人の友人たちに見せると、”Oh my God! This is amazing! This is Cool !” なんて喜ばれるでしょう。

<冷えピタ>
これもまた、日本人にはお馴染みのグッズ。海外には冷えピタに似たようなグッズは沢山ありますが、あれほどまでに簡単に使用できて、軽くて便利なものはありません。外国では氷水に浸したタオルで頭を冷やすのが一般的。
冷えピタを初めて見たアフリカ出身の友達は 「Made in Japan は素晴らしいわ!」と驚いていました。「これをアフリカに輸出すれば、ものすごく流行るわ」と感動して、「ちょうだい!」とせがまれたほどでした。

<生理用品>
欧米人は私たちよりも体格が大きいのでナプキンのサイズも大きめ、羽がなくオムツのよう。そして値段が高い。1ケース500円以上するのは当たり前。また、日本で売られているものは見た目も可愛くスリム、そしてふわふわとした形状だけでなく、吸水性などとても優れた作りになっています。
海外のものは布がバサバサしていて大きく、かぶれてしまうという女性もいるので、持って行くと便利です。

<化粧水や洗顔用品>
日本人の肌はとても繊細。化粧水、乳液、クリームと使って肌を整えますよね。アジア地域は別として欧米では化粧水を使用せず、ミルクタイプのオールインワンジェルを使用することが多いです。理由は気候と水質。欧米は日本に比べて水が硬水、そして乾燥しやすい。ベタつくことを気にしなくて良いので、洗顔や化粧水をつける文化があまり根付いてないのかもしれません。
実際にアメリカのウォールマートやターゲット(大型スーパー)で化粧水を買おうとしましたが、まったく見つからず苦労して、日本から送ってもらった経験があります。

海外へ出ると、日本では当たり前のように使っていたものがなかった!というような面白い発見をされるかと思います。
皆様もぜひ海外にしかないものを探してみてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加