トップへ戻る
海外に留学しました!
  • 大学生
  • 語学留学

マンツーマンのレッスンで徹底的に学び、短期間で英語を身につけたい

  • 木津 鳳眞 さん(留学時:専門学生・19 歳)
  • フィリピン・マニラ /3月13日~3月26日(2週間)
  • SELCマニラ

Q&A

・留学した動機は?
海外に興味がありましたが、英語のレベルは低かったので、英語が楽しいと思えるぐらいにまで英語の勉強をしたかったんです。以前に友人とグアムに行ったとき、うまく話せず悔しい思いをしたこともあり、留学を決意しました。将来、英語を使える仕事をしたいと思っており、英語ができれば海外派遣などの職種にもチャレンジできるので、短期間で集中して英語が学べる留学を探していました。さまざなな留学を検討したところ、費用も安くて英語をマンツーマンで学べる、このマニラ留学がいちばんいい、という結論に達しました。

・レッスンカリキュラムはどのように決まりましたか?(留学前、レッスン開始前のミーティング、目標設定方法など)
レベルを判断するテストを受けたのちに、レッスン開始前のミーティング。「短期間で徹底的に英語を身につけたい、話せるようになりたい」という自分なりの考えを先生に伝えて、独自のカリキュラムを組んでもらいました。バックパッカーで世界一周したことのある経験豊富な先生は、私の気構えを感じてくれて、かなりハードなプランになりました。毎日、マンツーマンで朝の8時から17時まで勉強。さらに2時間自習をしました。私は、一般コースで、特に、ボキャブラリーや、リーディング、リスニング、文法を強化してもらいました。

・マンツーマンレッスンや講師について
マンツーマンでレッスンをしてくれた講師は、いずれも素晴らしい先生方でした。平日は、朝8時から17時まで、男性2人、女性2人の、4人の先生にレッスンを受けました。僕1人のために、4人の先生が代わる代わる教えてくれるので、まさに英語漬け、英語のシャワーを浴びている感じです。どの先生方にも、僕の「短期間で徹底的に英語を身につけたい、話せるようになりたい」という目標が伝わっていたことが良かったです。また週末には、歩いている親子連れや、スケートボードをしている人に積極的に話かけることができましたね。

・マニラの滞在、食事について
近代的な建物の真新しいドミトリーに滞在しました。昼食は、先生たちと一緒に、外に食事に行きました。麺類や肉などを出店や屋台などで食べたりもしました。近くにはファーストフードの店やコンビニ、スーパーもあり生活には不自由しませんでした。ドミトリーの屋上にはプールもあり、最終日に泳ぎました。ドミトリーには講師の方も滞在されていて、授業外でも英会話を学ぶことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る