トップへ戻る
海外に留学しました!
  • 大学生
  • My留学

「そんなことまでできるの?」 オリジナルなプランに大満足!!

  • 辻 かよ子 さん(留学時:東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科2年生・  歳)
  • オーストラリア・シドニ- /2015年3月~2016年2月
  • SELC オーストラリア

留学で実現したいことを明確にし、私のオリジナル留学ができあがりました

 留学に目を向けたのは「何かわからないけれど、もやもやする」状況から、脱出したいと切実に感じたから。英語も 音楽もそこそこ得意だけど、特に他人に誇れるものがなくて、自分に自信がなかったんですね。はじめはロンドンかニューヨークが希望でした。留学会社を何軒回っても決めかねていた時に、訪れたのがヨーク国際留学センター。留学カウンセラーさんはじっくり私の話に耳を傾け、最後に言いました。「君は、シドニーに行くべきだ」。

 私の目標のひとつは、英語力を上げてケンブリッジ英検に合格すること。イギリスにも引けをとらない試験対策が しっかりした合格率の高いシドニーの学校をすすめられたんです。もうひとつ、海外でピアノレッスンを受けたいという希望を告げたら、人脈を総動員して、音楽院卒の先生を探してきてくれて。これが決め手となりました。「ミュ ージカルに興味がある」と言ったら、ミュージカルシアターの裏方(予定)として働くインターンシップブランまで(笑)。 希望に対し、つねに想像以上の提案で応えてくれる形で、私のオリジナル留学ができあがっていきました。
 相談のさなか、不思議と「もやもや」の正体が見え、心が晴れていく気がしました。高校時代に諦めたピアニストに なる夢、本当はまだ未練があったんだなって。シドニーで は思いきりピアノに没頭し、先生と西洋音楽について語り合いたいですね。最後に、現地の子どもに音楽を教えるボランティアも打診されています。教えることは苦手なんですが、海外にいる間、何事にもチャレンジしてみよう、そんな前向きな気持ちでいます。

辻さんのMy留学のモデルケース@シドニー

<インプット SELC オーストラリア>
最初の3ヵ月間は普通英語コースを受講。読む、書く、聞く、話すなど基礎力をしっかりつける。 その後、IELTSやケンブリッジ英検など試験対策コースを受けてテスト挑戦。

<アウトプット① Private English Lesson>
オージーの先生によるプライベートレッスン。友達と会う感覚で街中の散策や観光地をめぐり、生きた英語を学び、ローカルの人々の暮らしぶりや考え方に触れます。先生自身大の音楽好きで、映画関係、メディア系の人脈も豊富。音楽、音響関係を交えたレッスンを予定。

<アウトプット② Private Piano Lesson>
シドニー音楽院卒の先生から、直々に指導を受けるプライベートレッスン。難易度の高い音楽論などを英語で語り、海外の人の感性に触れるまたとないチャンス。

<アウトプット③ Internship>
後半はインターンシップを予定。現地音楽スクール、ミュージカルシアターなど、音楽に関する職場が候補に。語学学校の1、2番のレベルにまで英語力を上げる必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る