トップへ戻る
海外に留学しました!
  • 高校生
  • 高校私費留学

帰国後、自分は変わった。カナダで定まった将来像

  • 川畑 大地 さん(留学時:高校2年生・ 歳)
  • カナダ・ブリティッシュコロンビア州/2012年4月~2013年2月(10ヶ月)
  • Mt.Boucherie Secondary(公立)

最後まで苦労した「表現力」。言語を研究する仕事に従事したいと考えるようになりました

 幼稚園時代から英会話を習っていた僕は、漠然と、英語の道に進みたいという夢がありました。楽しかった中学時代のバンクーバーでのサマーキャンプが忘れられず、カナダへの私費留学を選び、後押ししてくれた両親には感謝してもし足りません。英会話に通っていて留学前に受けた英語力判定テストの結果も良かったので、リラックスして留学にのぞめました。

 でも、英語の壁は想像以上に高かった。カナダの授業はリーディングの量が多く、授業や予習をこなせば読解力は伸びますが、宿題のレポートを書くたび「英語で論理的に説明することが、いかに難しいことか」を思い知らされました。学び方を比較すると、知識を吸収するのに効率が良いのは日本ですが、カナダの授業で優れていると思った点は、何かにつけ意見や考えが問われ「表現力」が評価されること。この「表現力」に最後まで苦労しましたが、言語の違いとコミュニケーションに及ぼす影響に関心が向き、言語を研究する仕事に従事したいと考えるようになりました。
 悩みもあったけど、楽しい思い出もたくさんあります。夏は近くにある湖で泳ぎ、冬の週末はスノーボード。夏休みに参加した語学学校では幅広い国籍や年齢の留学生と友達になり、学校の友達とはまた違う深い話もできました。

 帰国後は言語研究を学ぶため、上智大学の推薦に狙いを定めて勉強したら、英語以外の教科の成績もかなり伸びました。留学中に将来像が明確になったこと、同じ学年になった後輩に負けたくない気持ち、あと、カナダで勉強が大変だった分日本で勉強することがやたら楽しく思えたんですね。さらに最終学年で生徒会長に当選し、任期を務めました。もし留学していなかったら、以前の自分のまま漫然と、何もチャレンジしていなかったでしょう。上智大学での面接日、ネイティブスピーカーと日本人の面接官との英語による質疑応答も、自分の考えや志望動機をきちんと話せたと自負しています。

Q&A

●留学前と後、英語力はどのくらい伸びましたか?
留学前 (高1)の時点で英検2級。カナダ留学から帰国後、高3の時に英検1級、TOEIC900以上をマークしました。

●日本の高校と違う点は?
大学のように生徒が自分の好きな授業を選択できること。日本では決して取ることのできないイタリア語や演劇などの一風変わった授業に挑戦することができました。

●秋学期、春学期で履修した主な科目は?
[春学期]数学、演劇、体育、英語補習など
[秋学期]数学、イタリア語、カナダ史、生物、英語補習など

●予習と復習はどれくらいしましたか?
パソコンを使ってレポートを提出することが多かったので、休み時間を利用して図書館で宿題なり復習なりをしていま した。

●各学期にテストは何回ありましたか?
日本でいう定期テストのようなものは学期末にしかなかったのですが、授業によっては小テストがしばしば行われていました。

●英語力を伸ばすためにやったことは?
高校では読み書きの課題や予習を真面目に取り組みました。特に語学学校で多くの人とたくさん会話しました。

●自宅から学校までの交通手段は?
スクールバスを利用していました。

●週末はどう過ごしていましたか?
留学生の友達と映画を見に行ったり、モールに出かけたりし ていました。家では本を読んで過ごしました。

●クラブ活動は何をしましたか?
クラブ活動はしませんでした。

●現地でかかった毎月の生活費は?
2~3万円程度。

●帰国後は何年に復学しましたか?
2年生として復学しました。

[保護者からのメッセージ]

 幼い頃から英会話スクールでネイティブスピーカーと触れ合っていた息子は、小学校でも外国人教師の月一度の英語授業でほめられて自信となり、やがて英語の道を行くという目標につながりました。留学にあたり本人の自主性にまかせた結果、短期留学したことのあるカナダに決め、また手厚いサポートと安心の環境で勉学に集中してほしい親心から私費留学に賛成しました。留学3ヶ月目家族でカナダを訪れた際、流暢な英語を操る息子の姿は自信に満ち、頼もしさを感じました。

 変化は帰国後、顕著に現れました。勉強量が増え、成績がぐんぐん伸びて学年上位に。生徒会長を務め、第一希望の上智大学の推薦入学内定も手にしました。この飛躍の理由は、本人が選んだ留学を実現させたこと、自分を見つめ直し、将来の目標を得たからではないでしょうか。2つ下の弟はそんな兄の影響を受け、現在カナダの同じ高校に留学中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前のページに戻る