現在地
留学費用

留学を考える際、必ずついてまわるのが「費用」です。ここでは留学タイプによる費用概算と、その内訳をお見せします。留学費用は出発時期、為替レートの変動、学校・運営団体の料金改訂などにより変動します。あくまで目安とお考えください。

留学費用とは

留学にかかる費用には、大きくわけて「留学前にかかる費用」と「留学中にかかる費用」の2種類があります。

  • 留学前にかかる費用

    • 書籍購入・事前語学学習など
    • 入学申請料、授業料
    • ビザ申請に関する費用
    • パスポート取得費用
    • 航空運賃
    • 海外留学保険
       など
  • 留学中にかかる費用

    • 学校関係の諸経費(入学金・授業料など)
    • 滞在費
    • 食費
    • 現地おこづかい
    • 留学中のアクティビティ費
       など

留学プログラムや留学先によってかかる費用は変わってきます。どのような留学生活を過ごしたいのかを考え、どの くらいの予算を用意すればよいのかを考えましょう。

留学費用節約のコツ~賢く抑える~

なるべく安くすませたくても、すべての費用を出し惜しむようでは、充実した留学にはなりにくいもの。「どうしてもこの町に行きたい」「インターンシップをしたい」など最低限ゆずれないことを決め、それ以外で無駄な出費を避ける工夫をすればいいのです。

1ピーク時期を外す

夏休みシーズンなどピーク時期を避けることで、渡航費や滞在費などがかなり変わってきます。全体的に学生数が減る時期は、落ち着いた雰囲気で学べるといったメリットもあります。

2物価が安いエリアを選ぶ

大都市よりも郊外の方が生活費は安めです。また、買い物エリアや遊ぶ場所といった誘惑が少ないぶん、ムダづかいが少なくなり、勉強に集中しやすい環境ともいえます。

5滞在スタイルを工夫する

ネイティブの英語に慣れるには最適のホームステイですが、長期留学を考える人は、生活に慣れた時点で、自炊のできるシェアハウスなども視野に入れましょう。

6奨学金やキャンペーンを狙う

語学学校の長期割引や留学サポート会社のキャンペーンを狙っていく、留学先の学校が提供する奨学金制度に申し込むなど、かしこく割引を利用しましょう。

7授業時間数の少ないコースを取る

週30時間のコースより、週15時間コースのほうが授業料は割安です。授業のない自由時間は街歩きをして実践的に英語を学ぶなど、工夫次第でいくらでも英語の勉強になります。

注意:

  1. (1)滞在費は、寮やホームステイ、アパートなどの滞在方法によって違いが出ます。
  2. (2)諸手続き費用には、学校がホームステイなどを手配する費用や留学エージェントに依頼する費用などが含まれます。
  3. (3)為替レートはUS$1=96円、A$1=99円、£1=151円、C$1=96円、NZ$1=79円で算出されています。
  4. (4)航空料金は出発時期によって異なります。
  5. (5)留学生保険料は補償金額によって変わります。