現在地

ヨーク国際留学センターが目指す留学

ヨークが目指す留学は、「対話力」を磨く留学

ヨーク国際留学センターでは「対話力」を磨く留学を提供し、留学生が「対話力」を磨き、グローバル人材として活躍できるチャンスを作ることを目指しています。

「対話力」を磨き、グローバル人材に!!

「グローバル人材になりたい」を留学の目的にかかげている人は多いのではないでしょうか。しかし、グローバル人材とはどのような人材のことを指すのでしょうか。

私たちは、それを国際的な「対話力」を持つ人材だと考えます。この「対話力」というのは、英語といった単なる語学力のことではありません。互いの意見を尊重し、両者の合意点を導くための働きかけができることです。英語力があっても、「対話力」がなければ、日常シーンやビジネスシーンで交渉において、真の交流をすることは難しいからです。

留学すれば「対話力」が伸びるわけではない!?

留学は、海外の風土や文化を理解し、海外の人と同じ土俵で、語り合ったり論じ合ったりすることできる、「対話力」を身につけるのに、最適な「機会」です。しかし留学をすれば、必ず「対話力」が伸びるというわけではありません。「対話力」を伸ばすにはインプット&アウトプット型の留学でなくてはなりません。

対話力を伸ばせる「インプット&アプトプット型留学」

対話力を身につけるには、教室での英語を学習するインプット型だけでは不十分で、インターシップ・ボランティアなどを実際に英語を用いて深いレベルでのコミュニケーションを行うアウトプット型との両立が必要です。

ヨーク国際留学センターでは、経験豊富な留学カウンセラーが、留学生の嗜好や目的にあったアウトプットが含まれたプランを一緒に作り上げて行きますので、より効果的なアウトプット学習が体験できますので、対話力を伸ばせることができます。